FOLLOW US

サンフレッチェ広島が2022シーズンのユニフォームを発表! 左袖にはクラブ創設30周年の特別ロゴも

2021.12.22

広島が2022シーズンのユニフォームを発表

 サンフレッチェ広島が22日、2022シーズンのユニフォームを発表した。

 引き続きナイキ社がサプライヤーを務める同チームのユニフォームについて、クラブ公式サイトでは以下のように説明している。


「ホームユニフォームは、2021年モデルのシルエットを継承しつつ、クラブ名に用いられている「サンフレッチェ」の「サン(3)」と、ナイキとのパートナーシップが始まった2011年以降に、歴代のユニフォームに使われたカラーからインスピレーションを得て、シンプルでクラシックな3つの異なる紫色を用いたカラーブロック デザインを採用しています。」

「メインの紫は、揺るがないクラブの伝統カラーである「広島バイオレット」をシャツ、パンツ、ソックスに用い、袖には「ワイルド バイオレット」という少し明るめの紫を用いてスピードや軽さを表現しました。そして、首回り、袖のリブ、シャツの脇からパンツの裾に向けて入ったサイドラインには「インク」という紫紺を用いることで、全体のカラーバランスを整えつつ引き締まった印象を与えています。」

「『広島バイオレット』をメインに、グリーンのピッチ上で映えるようにデザインし、チームの力強いフットボールスタイルを表現しました。また、クラブ創設30周年を祝い、左袖にはクラブ創設30周年の特別ロゴも施しています。」

「アウェイユニフォームは、ホワイトを基調にしたカラーコンビネーションを継承し、クラブエンブレムに使用されている縦のストライプからインスピレーションを得たデザインで、2014年以来8年ぶりとなるストライプを採用しています。白と薄紫の幾何学的なキューブを用いたグラデーションのストライプ柄で、チームのアイデンティティ、歴史、伝統を表現しました。また、クラブの伝統カラーである「広島バイオレット」を首回りや袖のリブ、シャツの脇からパンツの裾にかけてサイドラインにアクセントカラーとして使用しています。」

 また、機能性については100%リサイクルペットボトルを使用したサステナブル素材を採用し、軽量性、通気性、吸汗性、速乾性が優れ、肌触りと着心地を実現させたサステナブル素材でアスリートのパフォーマンスを最大限にサポート。襟元の形状についても、リブ仕立てで首回りにフィットしやすく、ストレスを感じにくい設計のVネックを採用している。

 そして、ユニフォーム販売についても同クラブは言及。先行予約受付については、2022年1月8日(土)から。一般販売については、2022年2月下旬頃からを予定していると発表している。 

\2022シーズン ユニフォーム決定✨/

🟣ホームユニフォーム🟣
⏩シンプルでクラシックな3つの異なる紫色を用いたカラーブロックデザイン

⚪️アウェイユニフォーム⚪️
⏩2014年以来8年ぶりとなるストライプを採用

ユニフォームの詳細はこちら
▶️
https://t.co/rFrNacT7ah#sanfrecce pic.twitter.com/mKVsI98nBp

サンフレッチェ広島 公式 (@sanfrecce_SFC) December 22, 2021

“>

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO