FOLLOW US

横浜FM、DF西山大雅と契約満了…2019年からラインメール青森へ期限付き移籍

 横浜F・マリノスは9日、ラインメール青森FCへ期限付き移籍していたDF西山大雅が、契約満了に伴い、来季の契約を更新しないことを発表した。

 西山は1999年生まれの現在22歳。横浜F・マリノスジュニアユース追浜、横浜F・マリノスユースから2018年にトップチームに昇格したが、横浜FMではカップ戦2試合の出場にとどまり、2019年からラインメール青森へ期限付き移籍で加入した。今シーズンはJFLで27試合に出場。同クラブでの在籍3シーズンではJFLで49試合出場で2得点、天皇杯で1試合出場を記録した。

 契約満了となった西山は横浜FMのクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「プロサッカー選手になって4年間のうち1年しか横浜にいませんでしたが、青森で知り合った人に地元はどこか聞かれたとき、本当は神奈川県の藤沢市なのに迷わず横浜と言っていました。そのくらい横浜という街や横浜の人々が大好きでした。遠い地でプレーしている僕のことを気にかけてくださった方々、これまで僕に関わっていただいた全ての人に感謝しています。改めて4年間、アカデミーに入った小学6年生の頃から合わせると11年間ありがとうございました。次の場所でも頑張ります。余談ですが、本当の地元の藤沢市もちゃんと大好きです。不快に思ったらすみません」

 また、期限付き移籍期間満了となったラインメール青森のクラブ公式サイトでは以下のようにコメントしている。

「3年間在籍させていただきましたが、J3に行けなかったことが本当に悔しいです。青森で過ごした3年間は僕の体感的には10年くらいに感じるほど濃かったです。僕は今22歳なので10年というと約半分を占めるので相当濃いということになります。青森にきて右も左も上も下も前も後ろもわからなかった僕に関わってくれた全ての人に感謝しています。改めて3年間、ありがとうございました。青森で学んだことを次の場でも活かして頑張ります」



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO