FOLLOW US

Jリーグ年間ベストイレブン決定! 川崎から7名、名古屋から2名 得点王・前田にイニエスタ

「2021 Jリーグアウォーズ」が6日に行われ、年間のベストイレブンが発表された。

 圧倒的な力を見せて明治安田生命J1リーグ連覇を果たした川崎フロンターレからは、7名が選出。DF選出の3名と家長昭博は昨年に続いての受賞となり、脇坂泰斗、レアンドロ・ダミアン、旗手怜央は初の受賞となった。

 GKはJ1記録となる21試合無失点に貢献したGKランゲラックが初受賞。名古屋グランパスからは稲垣祥とともに2名が選出された。またAFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得する3位に入ったヴィッセル神戸主将のアンドレス・イニエスタが2年ぶりにベストイレブンに。レアンドロ・ダミアンと並んで得点王となった前田大然も選ばれている。今季のベストイレブンは以下の通り。

▼GK
ランゲラック(名古屋グランパス)38試合0得点/初受賞

▼DF
ジェジエウ(川崎フロンターレ)33試合2得点/2年連続2回目
谷口彰悟(川崎フロンターレ)30試合0得点/2年連続3回目
山根視来(川崎フロンターレ)37試合2得点/2年連続2回目

▼MF
家長昭博(川崎フロンターレ)37試合8得点/2年連続3回目
脇坂泰斗(川崎フロンターレ)35試合3得点/初受賞
稲垣祥(名古屋グランパス)38試合8得点/初受賞
アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)23試合6得点/2年ぶり2回目

▼FW
レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)35試合23得点/初受賞
前田大然(横浜F・マリノス)36試合23得点/初受賞
旗手怜央(川崎フロンターレ)30試合5得点/初受賞

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO