FOLLOW US

【清水vsC大阪プレビュー】勝ち点を手にして残留決めたい清水…C大阪は敵地で17年ぶりの勝利をもぎ取れるか

[写真]=小林渓太、兼子愼一郎

■清水エスパルス 残留に王手をかけるも、選手層とメンタル面に不安あり

【プラス材料】
 前節の浦和レッズ戦を試合終了間際のMF中村慶太の劇的ゴールで勝利したことにより、J1残留に向けて大きく前進できた。今節は引き分け以上で自力での残留が決まり、万が一負けたとしても湘南ベルマーレと徳島ヴォルティスのどちらかが引き分け以下であれば残留となる。連勝した過去2試合も消極的な戦い方にはなっておらず、よりアグレッシブにプレーできる雰囲気が出ているのは大きい。

 また、連勝したのが今季初で、2試合連続無失点も今季初。自分たちがやるべきことを忠実に精力的にやりきれば、結果はついてくるという自信が出てきたのもプラス材料だ。

 エースのFWチアゴ・サンタナが平岡宏章監督体制になってから3試合で2ゴールをマーク。相棒のMF鈴木唯人も得点こそないが、高いパフォーマンスを見せている。MF滝裕太や中村のように交代出場からヒーローになる選手が出ているのも好材料だ。

【マイナス材料】
 2連勝でムードはかなり前向きになっているが、ケガ人が増えてきたのは気になるところ。FW藤本憲明、FWカルリーニョス・ジュニオ、MFベンジャミン・コロリ、MFホナウド、MF河井陽介らは浦和戦でもベンチに入らず、その浦和戦ではセンターバックのDF井林章が前半で負傷交代した。井林の状況は不明だが、負傷のし方がよくなかったので今節の出場は難しいかもしれない。

 また、残留に大きく近づいたことが逆にリスクを生む場合もある。湘南と徳島は勝つしかないので迷いのない戦いができるものの、清水は引き分けでもOKという気持ちがあると慎重になりすぎて過去2試合のようなサッカーができず、落とし穴にはまる可能性も。特にセレッソ大阪に先制を許すと焦りが出て悪循環に陥る恐れがあるため、メンタル面の微妙なコントロールは重要なテーマとなるだろう。

文:totoONE編集部

■セレッソ大阪 J1最多得点記録の更新なるか。鬼門突破で天皇杯につなげたい

【プラス材料】
 前節はホームで名古屋グランパスを相手に2-1の逆転勝利。引退を表明しているFW大久保嘉人のホーム最終戦で会心の白星を飾った。その大久保は得点こそならなかったが、キレのある動きから何度もゴールを強襲。最後にひと花咲かすべく好調をキープしている。

 迎える2021シーズンの最終節は、大久保がゴールを奪うかどうかが注目ポイントのひとつになる。J1最多得点記録となる191ゴールからの更新をチームとしても狙っているはずだ。選手たちの「大久保のために」という想いがモチベーションとして良い方向に作用すれば、攻撃の迫力は増すだろう。

 小菊昭雄監督は名古屋戦後、「一つひとつ積み上げてきたサッカーをお見せすることができた」と胸を張った。その良い流れを今節に持ち込んで勝利をつかみ取ることで、翌週に控える天皇杯の準決勝に良い形で臨みたい。それはチーム全体で共有している思いだ。

【マイナス材料】
 セレッソ大阪にとって、敵地での清水エスパルス戦は“鬼門”となっている。J1におけるアウェイでの清水戦は2004年以来勝利がなく、その後は11戦して4分7敗。昨年も1-3で敗れた。

 清水はこの試合にJ1残留を懸けていることから、対抗するための強い気持ちが求められる一戦になるが、C大阪は現在11位。モチベーションを保ちにくい順位のため、少しでも隙を作ってしまうと相手に圧倒されることになる。

 課題とされる積極的なビルドアップや特長のひとつとする前からのプレッシングは、気持ちの面と連動する戦術でもあるため、しっかりと気持ちを持って試合に入れるかどうか。最終節で白星を飾るためのカギを握る重要なファクターとなりそうだ。

文:totoONE編集部

totoONEでは他の対戦カードのプレビューも公開中!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO