FOLLOW US

徳島、サポーターによる「あまりにも敬意を欠いた不適切な発言」を謝罪…行為者を特定へ

 徳島ヴォルティスは29日、11月27日に行われた明治安田生命J1リーグ第37節湘南ベルマーレ戦での一部サポーターの行為について、クラブ公式サイトを通じて謝罪した。

 同試合がホーム最終戦となった湘南は試合後にセレモニーを実施。山口智監督が急逝したオリベイラ選手に向けたスピーチを行うなか、徳島のサポーターによる「『Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン』に抵触するとともに、あまりにも敬意を欠いた不適切な発言」が確認された。

 徳島は岸田一宏代表取締役社長の名義で声明文を掲載し、「この事象により、スタジアムでセレモニーに参加されていた湘南ベルマーレのファン・サポーターの皆さま、株式会社湘南ベルマーレ様、関係者の皆さまをはじめ、湘南ベルマーレに関わる全ての皆さまに不快な思いをさせ、多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 また、「本事象は、クラブとして見過ごすことの出来ない行為であり、現在、行為者の特定をおこなっております。特定された行為者に対しては、厳正な対応をおこないます。今後の状況については、対応を決定しだいご報告いたします」としている。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO