FOLLOW US

C大阪に16年在籍…鹿児島MF酒本憲幸が現役引退「感謝の気持ちでいっぱい」

現役引退を発表した酒本 [写真]=J.LEAGUE

 鹿児島ユナイテッドFCは22日、MF酒本憲幸が2021シーズン限りで現役を引退することを発表した。なお、11月28日(日)に行われる2021明治安田生命J3リーグ第29節AC長野パルセイロ戦後に同選手の現役引退セレモニーが実施されるという。

 現在37歳の酒本は2003年にセレッソ大阪へ加入すると、2018シーズンまで16シーズンに渡ってC大阪一筋でプレー。2019年に鹿児島に完全移籍で加入した。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグで16試合に出場していた。

 キャリア通算ではJ1リーグで153試合出場で4得点、J2リーグで166試合出場で10得点、J3リーグで59試合出場で7得点、リーグカップで31試合出場、天皇杯で33試合出場を記録した。

 現役引退を発表した酒本は鹿児島のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「この度、2021年シーズンをもちまして現役を引退することにしました。19年間の現役生活のなかで、本当に色々な方に支えてもらいました。僕みたいな選手がこの年まで続けてこれたのは、こういった方達のおかげです。本当にありがとうございました、感謝の気持ちでいっぱいです。まだ残り7試合あります。最後まで自分のやれる事をやりぬきチームに貢献出来るように頑張ります。次はホームでアスルクラロ沼津戦です。是非スタジアム、リモートで応援よろしくお願いします!最後に、引退セレモニーを11月28日のAC長野パルセイロ戦後に行なってくれる事になりました。皆さんとお会いして、ご挨拶出来ることを嬉しく思ってます。11月28日 スタジアムでお待ちしております。急に寒くなったので、体調にはお気をつけ下さい」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO