FOLLOW US

肘打ち行為のレアンドロ、JリーグとFC東京から出場停止処分…計5試合

 FC東京は24日、MFレアンドロの処分について発表した。

 レアンドロは9月22日に行われた明治安田生命J1リーグ第32節名古屋グランパス戦で、相手DF中谷進之介に対して肘打ちをし、レッドカードで退場処分となっていた。

 Jリーグの規律委員会はレアンドロの行為を「相手競技者の選手生命を脅かしかねない非常に危険な行為」とし、レアンドロへの処分を決定。2020明治安田生命J1リーグ第8節サガン鳥栖戦(2020年8月1日)、同第21節ガンバ大阪戦(2020年10月10日)でも同種の悪質かつ危険な行為があったことから、JFA懲罰規程の「違反行為の重複による加重」を適用し、レアンドロに3試合の出場停止と罰金30万円の処分を科した。

 FC東京は、「レアンドロ選手本人と面談および厳重注意をおこない、本人も事の重大さを認識し、猛省しております」とし、同選手に追加で2試合の出場停止と制裁金100万円の処分を科した。また、大金直樹代表取締役社長、古矢武士トップチームマネジメント部長、長谷川健太監督が月次報酬の5パーセントを2カ月間自主返納することも併せて発表している。

■出場停止試合
▼Jリーグ規律委員会から
9月25日(土) J1第30節 浦和レッズ戦
10月2日(土) J1第31節 川崎フロンターレ戦
10月23日(土) J1第33節 鹿島アントラーズ戦

▼クラブ独自の処分として
10月6日(水) JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第1戦 名古屋戦
10月10日(日) ルヴァン杯準決勝第2戦 名古屋戦


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO