FOLLOW US

浦和・横浜FM・柏の3クラブから新型コロナ陽性反応…いずれもトップチーム選手1名

2021.08.17

J1の3クラブから新型コロナウイルス陽性反応が見られた

 浦和レッズ横浜F・マリノス柏レイソルのそれぞれのトップチーム選手から1名ずつ、新型コロナウイルス感染者が見られた。17日、各クラブの公式サイトで伝えられている。

 浦和の当該選手は、16日のトレーニング前に発熱、咳症状および体調不良を訴え、抗原検査およびPCR検査を実施。同日に陽性反応が見られ、17日から自宅隔離期間に入っている。また浦和はこの結果を受け、16日と17日にトップチーム全選手およびチーム関係者を対象とした抗原検査とPCR検査を実施。その後陰性判定を確認し、18日に予定されている天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権大会4回戦・京都サンガF.C.戦の遠征へ出発した。なお、同試合は日本サッカー協会(JFA)と協議の上、通常通り開催される予定となった。


 横浜FMでは、15日に発熱した選手が16日にPCR検査を受けた結果、同日に新型コロナウイルス陽性反応を確認。同クラブは当該選手の発熱を受け、15日のJ1第24節大分トリニータ戦のキックオフ3時間前までにオンサイト検査を実施し、監督や選手など24名の陰性判定を確認していたことも明かした。またその24名は翌16日のPCR検査でも陰性判定が確認され、他のクラブ関係者29名に関しては17日に検査を実施。この結果は18日に明らかになるという。

 柏では、濃厚接触者に該当した選手が16日にPCR検査を受検したところ、陽性判定が確認された。同選手は現時点で発熱や体調不良等の症状はなく、自宅で静養している。そしてこの結果を受け、同クラブは17日のチーム活動を休止しトップチーム選手およびスタッフを対象にPCR検査を実施。検査結果は、後日改めて発表される。なお、21日に開催されるJ1第25節サガン鳥栖戦に向けては、キックオフ3時間前にオンサイト検査を実施予定。陰性判定を得た選手とスタッフのみで、試合に臨むという。

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO