FOLLOW US

福岡が8戦ぶり白星、後半ATの勝ち越し弾で劇的勝利! C大阪は11戦未勝利

アビスパ福岡とセレッソ大阪が対戦した [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J1リーグ第24節が15日に行われ、アビスパ福岡とセレッソ大阪が対戦した。

 C大阪は14分、藤田直之が右足アウトサイドを使って左サイドに絶妙のスルーパスを供給。抜け出した奥埜博亮がニアに折り返し、飛び込んだアダム・タガートが合わせたが、惜しくも枠を捉えられない。

 福岡は18分に決定機。湯澤聖人が左サイドから浮き球で折り返し、ファーに飛び込んだ金森 健志がダイレクトで合わせたが、シュートは相手GKキム・ジンヒョンのセーブに遭う。

 試合のスコアボードが動いたのは39分、ホームの福岡が先制する。右サイドからエミル・サロモンソンが低めのアーリークロスを送ると、中央で山岸祐也が反応。右足ダイレクトボレーでゴール左に突き刺した。

 しかし、C大阪は前半アディショナルタイム1分に試合を振り出しに戻す。ロングスローの2次攻撃から左サイド深い位置で藤田が柔らかいクロスを供給。タガートが頭で合わせて押し込んだ。

 福岡は53分、左の湯沢が折り返したボールに金森が頭で合わせたが、これは枠の上。対するC大阪は58分、藤田の縦パスにペナルティエリア内で反応した奥埜が右足で狙ったが、惜しくも枠の右に外れる。

 押し込む時間が続くC大阪は74分、右サイドから仕掛けた松田陸が右足でアウト回転がかかった鋭いシュートを放つ。しかし、枠を捉えたシュートは相手GK村上昌謙に阻まれる。

 試合はこのまま終了するかに思われたが、後半アディショナルタイム6分に福岡が勝ち越しの1点を奪う。右サイドからジョルディ・クルークスが左足でゴールに向かうクロスを送ると、飛び込んだジョン・マリには合わなかったが、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。

 福岡は8試合ぶりの白星、C大阪は6試合ぶりの黒星で11戦未勝利となった。次節、福岡は22日にアウェイで名古屋グランパスと、C大阪は21日にホームで横浜FCと対戦する。

【スコア】
アビスパ福岡 2-1 セレッソ大阪

【得点者】
1-0 39分 山岸祐也(福岡)
1-1 45+1分 アダム・タガート(C大阪)
2-1 90+6分 ジョルディ・クルークス(福岡)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO