FOLLOW US

松本、横浜FCからFW伊藤翔を期限付き移籍で獲得「名波監督に声をかけていただき…」

松本が、横浜FCの伊藤を期限付き移籍で獲得 [写真]=Getty Images

 松本山雅FCは4日、横浜FCからFW伊藤翔を期限付き移籍で獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。なお、期限付き移籍期間は今年8月1日~2022年1月31日までとなる。

 松本のクラブ公式サイトに掲載された、伊藤のコメントは以下のとおり。

「松本山雅FCに関わる皆さん、はじめまして。伊藤翔です。よろしくお願いします。名波監督に声をかけていただき、一緒に仕事をさせていただく中で自分自身もっとサッカーが上手くなれる!と思い今回の決断に至りました。勝ちましょう」

 また、横浜FCのクラブ公式サイトには、以下のように伊藤の惜別のコメントが掲載されている。

「横浜FCファン・サポーターの皆さん、今シーズンなかなか貢献できずに残念に思っております。このタイミングで一旦チームを離れるのは心苦しいですが一選手として決断しました。今シーズンの横浜FCの健闘を祈っております」

 現在33歳の伊藤は、2007年にフランス2部のグルノーブルと契約。中京大学附属中京高等学校在学時から注目を浴びていた伊藤が国内クラブを経由せずに直接海外クラブとプロ契約したことで、大きな注目を集めた。2010年までグルノーブルに在籍すると、同年には清水エスパルスへと移籍。2014年には横浜F・マリノス、2019年には鹿島アントラーズ、2021年には横浜FCへと活躍の場を移した。今シーズンは、明治安田生命J1リーグで15試合に出場。JリーグYBCルヴァンカップでは4試合に出場し、1得点をマークしていた。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO