FOLLOW US

町田、MFマソビッチと双方合意で契約解除「お互いに前進するための決断」

 FC町田ゼルビアは18日、MFマソビッチと両者合意のもと、同日付で契約を解除したと発表した。

 セルビア出身のマソビッチは現在26歳。チュカリチュキやヴォジュドヴァツなど母国の複数クラブを経て、2020年1月に町田へと完全移籍した。2020シーズンは明治安田生命J2リーグの22試合に出場して1得点を記録したが、今季の出場はJ2リーグの6試合と天皇杯の1試合にとどまっていた。

 発表に際し、マソビッチは町田の公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「この決断はお互いに前進するための決断です。この1年半、監督・コーチングスタッフ・強化部スタッフ、そしてチームメイトと一緒に良い仕事ができたことを幸せに思います。そして、クラブを支えてくれているオーナーを始めクラブスタッフ、ファン・サポーターの皆様、この一年半、本当にありがとうございました。皆様が暖かく迎え入れてくれたことに対して、感謝の気持ちでいっぱいです」

「これから違う道を歩むという決断をしましたが、FC町田ゼルビアというクラブはめざましく成長しているクラブであり、チームも非常に早いスピードで成長しています。このクラブは私の胸の中にずっとあり続けますし、必ずJ1昇格という目標を達成することを確信しています。心から皆様の成功を祈っています」

「私はまだ次のチームは決まっていませんが、ここで得た大きな経験を活かして頑張っていきたいと思います。最後にこのクラブに関わる全ての皆さんに“ありがとう”という言葉を伝えたいと思います。1年半ありがとうございました」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO