FOLLOW US

浦和MF武藤雄樹、柏へ完全移籍「新しいチャレンジをすることを決断」

柏への移籍が決定した武藤雄樹 [写真]=清原茂樹

 浦和レッズに所属するFW武藤雄樹が柏レイソルへ完全移籍することが決定した。12日、両クラブが発表した。

 現在32歳の武藤は流通経済大学から2011年にベガルタ仙台に加入し、2015年から浦和でプレーしている。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで16試合に出場していた。

 完全移籍が決定した武藤は浦和のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「浦和レッズのファン・サポーターのみなさん、6年半本当にありがとうございました。僕は浦和レッズに来て、人生が変わりました。かけがえのない時間を過ごすことができました。それもみなさんが、どんなときでも応援し支えてくれたからです。みなさんと獲ったタイトル、一つひとつの勝利、ともに熱くなった瞬間、そして、あの熱狂の埼玉スタジアムで歌ってもらう武藤雄樹チャントを忘れることはできません。また結果を出せてないときでも、スタジアムで掲げてくれる9番のユニフォームと横断幕。それが僕の支えであり、モチベーションでした。本当にありがとうございました。今回は新しいチャレンジをすることを決断しました。みなさんと戦えるのを楽しみにしています。また埼スタで会いましょう」

 そして、加入する柏のクラブ公式サイトでは以下のようにコメントしている。

「柏レイソル、ファン・サポーターのみなさん。初めまして。武藤雄樹です。この度、柏レイソルに加入出来ることをとても嬉しく思っています。柏レイソルのために全力で戦いたいと思います。日立台のピッチに立つのがとても楽しみです。みなさんが熱くなれるようなプレーを見せたいと思います。よろしくお願いします」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO