FOLLOW US

川崎Fが3得点で2連勝! 三笘の4試合連続ゴールなどで無敗記録は23試合に

J1第15節で川崎Fと横浜FCが対戦した [写真]=兼子愼一郎

 22日に明治安田生命J1リーグ第15節が行われ、川崎フロンターレ横浜FCが対戦した。

 今シーズンここまで無敗で、前節は昨シーズンから続くリーグ戦の連続無敗記録を22試合とした川崎F。中5日で今節を迎えたJ1王者は、さらなるリーグ新記録の更新が期待される。対する横浜FCは、前節開幕から14試合目にしてようやくリーグ戦初勝利を手にした。19日のルヴァン杯浦和レッズ戦では黒星を喫しているものの、リーグ戦での連勝を目指す一戦となった。

 序盤は一進一退の攻防を見せるも、徐々に川崎Fがボールを支配する展開に。すると19分、素早いパスワークからMF三笘薫が前を向き敵陣ペナルティエリアへ進入すると、対峙した相手DFに倒されPKを獲得。これをMF家長昭博がゴール左へと決めた。川崎Fが先制に成功する。

 1点を追いかける展開となった横浜FCも、その5分後に反撃。FWジャーメイン良のスルーパスに抜け出したMF小川慶治朗が、敵陣ペナルティエリア左から左足でシュートを放つ。しかしこれは川崎FのGKチョン・ソンリョンがセーブを見せ得点を許さない。

 すると28分、川崎Fが追加点を記録する。チーム全体で横浜FCのGK市川暉記まで連動したプレッシングをかけると、敵陣ペナルティエリア内でボールを奪取。ボールを拾ったMF田中碧は冷静に相手を見極めターンを見せ、左足でボールをゴールネットへと流し込んだ。田中碧の今シーズン初ゴールでスコアは2-0となり、試合は結局このままハーフタイムとなる。
 
 迎えた後半、川崎Fが追加点を記録する。47分、田中碧とのワンツーで敵陣ペナルティエリア右へ抜け出したDF山根視来が、ワンタッチでクロス。これをゴール前で待っていた三笘がゴールネットへと押し込んだ。三笘の4試合連続となるリーグ戦8ゴール目で、川崎Fのリードは3点となる。

 一方の横浜FCは、63分に1点を返す。敵陣内でパスをつなぐと、DF武田英二郎が敵陣ペナルティエリア左から柔らかいクロスを供給。これにFWクレーべが打点の高いヘディングシュートで合わせ、ボールはゴールラインを超えた。スコアは3-1となる。

 この後、横浜FCが徐々にボールを握る展開となるが、川崎Fも決定的なチャンスは作らせず。逆に川崎Fも途中出場のFW遠野大弥が左足でミドルシュートを放つも、市川の好セーブでスコアは動かない。

 結局試合は3-1で試合終了のホイッスルを迎えた。勝利した川崎Fは2連勝を飾り、連続無敗記録を23試合に更新。一方の横浜FCは善戦を見せたものの、勝ち点の獲得には至らなかった。

【スコア】
川崎フロンターレ 3-1 横浜FC

【得点者】
1-0 19分 家長昭博(川崎フロンターレ
2-0 28分 田中碧(川崎フロンターレ
3-0 47分 三笘薫(川崎フロンターレ
3-1 63分 クレーべ(横浜FC


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO