FOLLOW US

C大阪、関係者1名が新型コロナ陽性…クルピ監督は濃厚接触疑いで横浜FM戦不在

C大阪の関係者1名が陽性

 セレッソ大阪は6日、トップチーム関係者1名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けたと発表した。

 6日朝にPCR検査を実施したところ、同日正午にトップチーム関係者1名が陽性診断を受けた。当該関係者は現在、体調不良、発熱などの症状を訴えていない。C大阪はJリーグ独自の濃厚接触疑い基準により特定された関係者2名を濃厚接触疑い者としており、うち1名はレヴィー・クルピ監督だという。

 なお、5日に新型コロナウイルスの陽性を発表したトップチーム選手1名とトップチーム関係者1名については、濃厚接触者に該当する選手・スタッフがいないことが保健所からの連絡で判明している。両名を除く選手・スタッフは、5日夜に横浜へと移動した。

 6日に予定されている2021明治安田生命J1リーグ第8節の横浜F・マリノス戦は、これまでに陽性判定を受けた選手1名と関係者2名、およびクルピ監督ら濃厚接触疑い者2名を除いて開催される。

 同クラブは今後の対応について、「保健所による濃厚接触者の判定等、保健所の指導に沿って適宜対応していきます。これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、選手、スタッフ、関係者全員に再度、感染防止策の周知、徹底をはかって参ります」と伝えている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO