FOLLOW US

【横浜FCvs柏プレビュー】トンネルから抜け出せない横浜FC…柏は前回対戦のリベンジ達成で連敗ストップなるか

[写真]=宮地輝、清原茂樹

横浜FC 今季唯一の白星を奪った相手にひと月前の再現を狙う

【プラス材料】
 今節の相手である柏レイソルは今季公式戦で唯一白星を挙げた相手。3月3日のJリーグYBCルヴァンカップ第1節では粘り強く戦い、FW伊藤翔がPKで決めた虎の子の1点を守り抜いた。イメージは悪くないだけに、1カ月後の再現といきたい。

 その柏とは近年の対戦成績を見ても相性が良い。昨季の『ニッパツ三ツ沢球技場』での対戦ではFWオルンガに粉砕されたが、それ以前までは好成績を収めており、高い勝率を誇る。オルンガは移籍してチームを去っているだけに勝機は十分にあるだろう。

 柏も決して状態がいい訳ではない。互いに手の内を知り尽くしている部分はあるが、チームスタイル的に柏の激しい守備をいなすだけのポゼッション力が横浜FCには備わっている。よく知る相手を攻略する術とイメージはある。

【マイナス材料】
 2週間前のリーグ戦前節の徳島ヴォルティス戦でも敗戦を喫し、開幕から6戦全敗。長い長いトンネルから抜け出すどころか、ひと筋の光も見えない状況である。なんとか勝ち点につなげようとする姿勢は感じるが、失点癖に改善は見られない。

 さらに、1週間前のルヴァンカップ第2節の湘南ベルマーレ戦では不運としか言えないミスから決勝点を許し、こちらも敗戦。流れを変えるためにも重要なゲームだっただけに、痛恨の黒星となった。この結果、3月の公式戦は1勝6敗と散々な成績に。約1カ月間、連敗が続いている。

 勝てないチームならではの状態が続く。チャンスは作るが決めきれず、失点はあっさりと喫する。手をつけなければいけない部分がたくさんある。どこから改善していくか。

文:totoONE編集部

柏レイソル 直近の試合で見せたパフォーマンスに得点力を加えられれば

【プラス材料】
 リーグ戦では4連敗中と苦しい状況が続くが、3月27日のJリーグYBCルヴァンカップ第2節の浦和レッズ戦は90分を通じて守備が安定し、今季公式戦初の完封勝利を収めた。

 その浦和戦ではプロ1年目のGK佐々木雅士がデビューを飾り、ルーキーとは思えない好パフォーマンスで勝利に貢献している。新たな若手の台頭は、調子の上がらなかったチームに多大な刺激を与えたことだろう。

 また、MFマテウス・サヴィオとFW神谷優太というクリエイティブなアタッカーがケガから復帰したことで、攻撃にリズムが生まれている。さらに、開幕してから無得点が続いていたFWクリスティアーノは、ルヴァンカップで決勝点を叩き出した。少しずつではあるが、不振から脱却する兆しが見え始めている。

【マイナス材料】
 ルヴァンカップの浦和戦での勝利を、悪い流れを変えるきっかけにしなければならない。

 そのために改善が必要とされるのが得点力だ。浦和戦は守備が安定し、組織的な守りから鋭いカウンターに出ていく好機を何度も作りながら、アタッキングサードでの質に欠け、流れの中では決定機の少ない試合となった。結果として勝利を収めたことは評価できるが、得点はセットプレーからの1点のみ。攻撃面の課題は依然として抱えている状態である。

 リーグ戦とカップ戦を合わせた公式戦8試合での得点数は、わずか4点。今季獲得した4人の新外国籍選手の合流時期もいまだ不透明のため、浦和戦で見せたような粘り強い戦い方が求められそうだ。

文:鈴木潤

totoONEでは他の対戦カードのプレビューも公開中!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO