FOLLOW US

大分、GK吉田舜の負傷を発表…右手舟状骨骨折で全治3カ月

 大分トリニータは4月1日、GK吉田舜の負傷について発表した。

 吉田は3月15日に行われたトレーニング中に負傷。大分市内の病院で検査・手術を受けた結果、右手舟状骨骨折(みぎて しゅうじょうこつ こっせつ)と診断され、全治3カ月となった。なお、今後は経過を見ながらリハビリを開始することになるという。

 現在24歳の吉田は法政大学から2019年にザスパクサツ群馬に加入。2020シーズンから大分でプレーしている。今シーズンはここまで公式戦の出場機会はなかった。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO