FOLLOW US

【湘南vsC大阪プレビュー】同一カードの連敗を止めたい湘南…C大阪は怒涛の4連勝で上位キープなるか

2021.03.20

[写真]=清原茂樹、兼子愼一郎

湘南ベルマーレ 展開次第では3試合連続複数得点も。失点癖をなくせれば

【プラス材料】
 得点力の向上に取り組む今季にあって、第4節のベガルタ仙台戦、前節のFC東京戦と、2試合続けて複数得点を挙げている点はポジティブな要素だろう。DF岡本拓也とMF高橋諒という両ウイングバックがゴールを重ねている点も湘南ベルマーレらしい。また、新加入のMF名古新太郎とFW町野修斗、さらにFC東京戦でMF山田直輝も今季初得点をマークした。開幕からフル出場を続けているFW大橋祐紀然り、高い強度の中で個々が特長を発揮し、結果を出している事実は心強い。

 カウンターや遅攻、セットプレーと得点の形は幅広く、チャンスも作れている。それだけに、良い守備と併せて引き続き精度を高めていくことが期待される。


 今節迎えるセレッソ大阪は17勝3分18敗と通算対戦成績でわずかにリードを許しているが、ホームでは10勝1分7敗と湘南に軍配が上がる。

【マイナス材料】
 連勝とはならなかった。仙台戦で今季初勝利を挙げ、さらに勝ち点を重ねて波に乗りたいところだったが、前節はFC東京に2-3で敗戦。先制し、逆転されてなお追いつくが、再度引き離されてしまった。

 開幕から毎試合失点が続いている。前節の3失点を始め、複数失点を喫する試合も少なくない。寄せが甘かったり、ミスを突かれたりして、流れから、あるいはセットプレーからゴールを奪われている。持ち前のカウンター然り、鋭い攻撃を生み出すのは前向きな守備。体現できている時間帯はあるだけに、球際やリスクマネジメントなど、90分間をとおしてディテールを突き詰めたい。攻撃力に秀でるC大阪に対しては、特にゴール前はもちろん、フィニッシュに至る前のクロスやパスをできるだけ遮断したい。

文:隈元大吾

セレッソ大阪 近年の対戦では負けなし。今回も勝ち点3を奪えるか

【プラス材料】
 ミッドウイークに開催された第5節は、ホームで大分トリニータを相手に1-0の勝利。開幕節の柏レイソル戦以来となるクリーンシートで3連勝を達成した。拮抗した試合をモノにする勝負強さを見せつつ、課題とされている守備でも大きな成果を挙げられたことは、今後に向けて弾みがつく。

 現在、4試合連続で同じ先発メンバーが起用されている。レヴィー・クルピ監督は試合を通じて“連係面の向上”を図っている模様。攻守のバランスや選手同士の距離感、試合運びが少しずつ良くなってきている印象だ。

 J1での湘南ベルマーレ戦は2018年以降、6試合を戦って5勝1分の負けなし。お得意様を相手にしっかり勝利して、連勝を伸ばしたいところ。7連戦の最後のゲーム。選手たちのモチベーションは高い。

【マイナス材料】
 3連勝中のチームの雰囲気は良く、大きなマイナス材料は見当たらない。強いて挙げるとすれば、やはりメンバーを固定して戦っていることによる蓄積疲労になるか。実際、大分戦でも疲れが影響していたのか、パスミスが目についたり、プレスの強度を保てない時間帯があった。ハードワークを武器とする湘南相手に、走り負けする場面が多くなれば難しい試合になるだろう。

 開幕からの5試合すべてで複数得点を奪っていたが、前節は1得点にとどまっている。ブロックを築いて守る相手に、明らかに“ボールを持たされる”時間が多かった。引いた相手をどう崩すかは課題で、そういった意味でも先制点を奪えるかどうかがカギになりそうだ。

文:totoONE編集部

totoONEでは他の対戦カードのプレビューも公開中!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

SOCCERKING VIDEO