FOLLOW US

浅野ゴラッソ&華麗なパスワークから荒木3戦連続弾…鹿島と広島の激戦はドロー決着

J1第4節で鹿島と広島が対戦した

 13日、明治安田生命J1リーグ第4節鹿島アントラーズサンフレッチェ広島が行われた。

 前節、今季リーグ初勝利を手にしたチーム同士の対戦。ホームに湘南ベルマーレをホームに迎えた鹿島は、3得点で快勝。一方の広島もホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦すると、2ー1で勝利を収めた。今節は共に連勝を目指しての一戦となる。

 オープニングシュートは鹿島のMF土居聖真。4分、味方からのスルーパスで敵陣へ抜け出し左サイドから内側へ視野を取ると、右足を振り抜いた。ボールは枠の上へと外れるが、相手ゴールを脅かしていく。

 激しい雨が降り頻る中、序盤から一進一退の攻防を見せる両チーム。共にゴール前までボールを持ち込むも、なかなか点が奪えない時間が続く。27分には広島が敵陣中央左でFKを獲得すると、MF森島司が右足でシュートを放つが、壁に阻まれゴールならず。

 それでも、先制したのはアウェイの広島だった。30分、自陣から敵陣ペナルティエリア手前中央へロングボールが送られると、こぼれ球にFW浅野雄也がいち早く反応。浅野はドリブルを挟み、左足でミドルシュートを放った。ドライブ回転のかかったボールがゴール左へと突き刺さる素晴らしい“ゴラッソ”で、広島が先制に成功する。

 その後鹿島はFWエヴェラウドを中心に攻撃を仕掛けるも、広島はGK大迫敬介を中心とした守備で相手に得点を許さず。前半は広島が1点リードで折り返す。

 迎えた後半、立ち上がりはホームの鹿島がボールを保持する時間帯が続くが、対する広島も組織的な守備で対応。逆に広島も55分スローインから浅野が決定機を迎えるも、鹿島GK沖悠哉が好セーブを見せ追加点は許さない。

 ピンチを凌いだ鹿島は、その後次々に惜しいシーンを迎える。しかし広島は大迫がゴールライン上でボールをクリアするなど、粘り強いディフェンスを見せる。それでも69分、鹿島は敵陣ゴール前での華麗なパスワークから最後はペナルティエリア内でパスを受けたMF荒木遼太郎が振り向きざまにシュートを放ち、ついに試合は同点となった。荒木はリーグ3戦連続となる4ゴール目を決めている。

 その後は両チーム共に交代選手がピッチへと送り出されチャンスを創出するが、どちらも得点を生み出せず。終始好守の激しい試合は1ー1の引き分けで幕を閉じた。次節、鹿島はアウェイでアビスパ福岡と、広島はホームで清水エスパルスとそれぞれ対戦する。

【スコア】
鹿島アントラーズ 1ー1 サンフレッチェ広島

【得点者】
0ー1 30分 浅野雄也(サンフレッチェ広島
1ー1 69分 荒木遼太郎(鹿島アントラーズ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO