FOLLOW US

“昇格組”同士の一戦は福岡に軍配! 金森のPK弾が決勝点で徳島に逆転勝利

金森は福岡で5年ぶりとなるゴールを記録した [写真]=金田慎平

 13日、明治安田生命J1リーグ第4節徳島ヴォルティスアビスパ福岡が行われた。

 昨シーズンのJ2王者・徳島と2位・福岡という“昇格組”同士の対戦カード。ここまでリーグ戦3試合を終えて勝利を収められていない両チームが、共にリーグ初勝利を目指す一戦となった。

 試合は開始早々からスコアが動く。2分、味方からのスルーパスをペナルティエリア中央で受けたFW宮代大聖が左足でシュート。これは相手GKに防がれるが、こぼれ球に反応したFW垣田裕暉がゴール右へと押し込んだ。垣田のホーム2試合連続となるゴールで徳島が先制に成功する。

 幸先よくリードを奪った徳島は追加点を挙げるべく攻勢を強めていく。14分、敵陣ペナルティエリア手前右で宮代が倒されてFKを獲得。DF藤田征也が右足でシュートを放つと、ボールはクロスバーを直撃し惜しくもゴールとはならない。

 福岡の反撃は37分、敵陣深く右サイドからDFエミル・サロモンソンの鋭いクロスが供給されると、ゴール前で待っていたMF金森健志がワンタッチでループ気味のシュート。しかしこれボールはクロスバーに弾かれ、同点弾には至らない。前半は徳島が1点リードで折り返す。

 迎えた後半、福岡が同点に追いつく。53分、敵陣でボールを奪った福岡が素早い攻撃を展開させると、ペナルティエリア手前中央からMF石津大介が右斜め前にパスを供給。これに対してフリーで駆け上がってきたE・サロモンソンがペナルティエリア右で右足を振り抜くと、ボールは相手GKの股下を抜けてゴールネットへと突き刺さった。

 同点に追いつき勢いに乗る福岡は、逆転のチャンスを迎える。自陣ペナルティエリア内で浮き球を処理しようとした徳島のDFジエゴがハンドを冒してしまい、福岡にPKの判定。キッカーを務めた金森は、右足でゴール右へボールを突き刺した。今シーズンから復帰した福岡での5年ぶりのゴールで、スコアは1ー2となる。

 逆転を許した徳島のチャンスは80分、右CKのこぼれ球に反応したMF渡井理己が相手ゴールネットを揺らす。しかし、副審はオフサイドの判定。VARで確認した結果、やはり判定はオフサイドで同点弾は認められなかった。

 結局試合はこのまま終了。アウェイで逆転勝利を収めた福岡が、今季リーグ戦初となる勝ち点3を掴んだ。一方、徳島は後半アディショナルタイムに猛攻を見せるも得点には至らず、リーグ戦2連敗となった。次節、徳島はアウェイで横浜F・マリノスと、福岡はホームで鹿島アントラーズと対戦する。

【スコア】
徳島ヴォルティス 1ー2 アビスパ福岡

【得点者】
1ー0 2分 垣田裕暉(徳島ヴォルティス
1ー1 53分 エミル・サロモンソン(アビスパ福岡
1ー2 68分 金森健志(アビスパ福岡

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO