FOLLOW US

G大阪、第6節横浜FM戦まで3試合が開催中止に…2週間程度のトップチーム活動休止も発表

3試合の中止が発表された 

 Jリーグは10日、ガンバ大阪に関連する3試合の開催中止を新たに発表した。

 G大阪は選手6名、スタッフ2名の新型コロナウイルスの感染を発表。これを受けて9日には「濃厚接触者はいないとの見解を示されているものの、陽性判定者が増加している状況から、現時点での感染の影響範囲が確定できないため」明治安田生命J1リーグ第3節大分トリニータ戦の開催を中止にすると発表していた。

 Jリーグは今回、「ガンバ大阪の選手・スタッフ計8名が新型コロナウイルス陽性判定となったことに対し、保健所から当該クラブへの指摘内容」を受けた結果、3月13日開催予定の第4節北海道コンサドーレ札幌戦、3月17日開催予定の第5節ベガルタ仙台戦、3月21日開催予定の第6節横浜F・マリノス戦すべての中止を決断した。

 なお、Jリーグは開催中止に当たり、「今後も保健所との連携を図りながら、当該クラブは感染拡大防止のための行動管理を行ってまいります」とコメント。代替開催日および中止試合のチケットの取り扱いおよび払戻方法については今後決定次第アナウンスされる。

 またG大阪は同日、クラブ公式サイトを更新。複数人に新型コロナウイルス陽性反応がみられたことをうけて、以下のようにリリースを掲載し2週間程度トップチームの活動を休止すると発表した。

「陽性者に関しては隔離を実施し、吹田市保健所の調査の結果、濃厚接触者に該当する者はいないとの判断が示されましたが、現在までの感染者の発生状況から濃厚接触者基準には至らないものの、チーム内には感染の可能性を有する者が多くいることが見込まれるとの吹田市保健所のご指摘を受けました。選手・スタッフとその家族、および試合開催に関わる全ての関係者や来場者の安全を守るとともに、新型コロナウイルス感染の早期収束を図るため、昨日3/9(火)から2週間程度、トップチームに関わる活動を休止することといたしました」

「今後の活動に関しましてはJリーグおよび大阪府、吹田市保健所との協議を重ねて活動再開を目指してまいります」

「なお、吹田市保健所との協議の結果、陽性者が発生したトップチームとフロントスタッフ・アカデミー・スクールの活動には接点はなく、活動は可能であるとの方向性が示されておりますので、フロントスタッフ・アカデミー・スクールの活動に関しては継続してまいります」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO