FOLLOW US

清水エスパルス、今季の主将はGK権田修一ら3名に…MF竹内涼は4年連続

竹内涼は4年連続で清水のキャプテンに [写真]=金田慎平

 清水エスパルスは21日、2021シーズンのキャプテンにGK権田修一、MF竹内涼、DF鈴木義宜が就任することを発表した。

 権田は1989年3月3日生まれの現在31歳。FC東京の育成組織出身で、2007年にトップチームへ昇格し、プロキャリアをスタートさせた。FC東京、SVホルン、サガン鳥栖、ポルティモネンセを経て、今オフに清水への期限付き移籍加入が決まっていた。

 竹内は1991年3月8日生まれの現在29歳。浜松開誠館高校卒業後の2009年に清水へ加入した。2012年にはギラヴァンツ北九州への期限付き移籍を経験。2013年に清水へ復帰し、2018年からはキャプテンも務めていた。2020シーズンの明治安田生命J1リーグでは25試合に出場し2得点を挙げた。

 鈴木は1992年9月11日生まれの現在28歳。宮崎産業経営大学卒業後の2015年に大分トリニータへと加入した。大分には5年間在籍し、2020シーズンの明治安田生命J1リーグでは33試合に出場。今オフに清水へと新加入していた。

 2021シーズンの明治安田生命J1リーグは間もなく開幕を迎える。清水は27日に行われる第1節で鹿島アントラーズと対戦する。

 キャプテンに就任する3選手のコメントは以下の通り。

◼︎権田修一
「キャプテンが何かするというよりも、まずはそれぞれが責任感を持ってやることが大事だと思うので、そういった部分をチームメイトに要求していきたいと思っています。個人的にはポルトガル語を理解することができるので、チームに多く在籍するブラジル人と日本人が上手くコミュニケーションとる懸け橋となり、皆が一つになれるような手助けをしたいと思います」

◼︎竹内涼
「キャプテンとして4シーズン目となりますが、チームとして結果を出すために、できることを、やらなければいけないことをやり続けたいと思います。これまでも仲間に助けられながらやってきているので、自分がよりチームメイトを助けることができるよう、ピッチの中だけでなく、ピッチ外でも懸命に取り組んでいきたいと思います」

◼︎鈴木義宜
「まずは自分が持っているものをしっかりとチームに還元し、皆のお手本になれるよう取り組み、チームを引っ張っていきたいと思います。キャプテンはこれまでも経験したことがありますが、3人体制は初めてとなります。2人を支えることも大切な役割だと思うので、権田選手、竹内選手の助けになれるよう、しっかりサポートしていきたいと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO