FOLLOW US

劇的決勝弾で川崎を勝利へ導く…小林悠「良いスタートを切りたかった」

後半ATに決勝弾を沈めた小林悠 [写真]=兼子愼一郎

 FUJI XEROX SUPER CUP 2021が20日に行われ、川崎フロンターレガンバ大阪を3-2で下した。川崎に所属しているFW小林悠が試合を振り返っている。

 72分からピッチに立った小林は、後半アディショナルタイムに試合を決める決勝点をマーク。「遠野大弥選手が前を向いてボールを持った時、動き出しでパスを出すスペースを作って、大弥が良いボールをくれた。どこにスペースがあるかは常に確認していたし、それで大弥に出た時、いち早く動けました」と得点シーンを振り返った。「シーズンの始まりで、良いスタートを切りたかった。チームとして勝ち切れたことは良かった」と、今季初タイトルを獲得したことへの喜びを口にしている。

「こういった試合でヒーローになるのは自分と思っていた。PK戦もあり得る中、新加入の選手も多く、責任を感じさせてしまうと思っていたので、90分で決めたいと思っていた」

 前半に2点をリードしながらも、後半には同点とされた。悪い流れが続く中、小林はベンチから試合を見て「前に行くパワーが落ち、守備強度も落ちている」と感じていたという。しっかりと流れを引き戻し、自らのゴールでチームを勝利に導いた小林は「しっかり期待に応えられて良かった」と話した。

 昨シーズンは明治安田生命J1リーグで序盤から首位を独走し、数々の記録をつくりながら優勝を達成した。王者として迎える今季に向けて、小林は「昨年を上回る成績を残せればベスト。ACLもあるし、一つでも多くのタイトルを取りたい」と意気込み。「個人としてはもう一度得点王を目指したい」と、自身の目標も口にした。

 川崎の“バンディエラ”中村憲剛が現役を引退したことで、小林にはチームリーダーとしての役割も期待されている。「チームにとって存在は大きかったし、いなくなることは寂しかった」と話しつつも、「そうも言っていられない。新シーズンはもう始まっているので」とコメント。「年長者としてやることも多いです。若い選手がうまくやってもらえるよう、自分も努力して、間に入っていければ」

 また、川崎にはレアンドロ・ダミアン、知念慶などポジションを争う多くのライバルが在籍している。定位置争いは白熱しているものの、小林は「チームで戦っている。鬼さん(鬼木達監督)も11人で勝てることはほぼないと言っている」と断言。「誰でもスタメンで出たい気持ちはあるが、ダミアン、知念のことをリスペクトしている。良い関係でやれているし、チームのために戦っていきたい」と述べた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO