FOLLOW US

ゼロックス杯の大会アンバサダーに中村憲剛と本並健治が就任! 今月20日に川崎vsG大阪

大会アンバサダーに就任した中村氏(左)と本並氏(右) [写真]=J.LEAGUE

 公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は1日、20日に埼玉スタジアム2002にて開催する「FUJI XEROX SUPER CUP 2021」の大会アンバサダーに、中村憲剛氏と本並健治氏が就任したことを発表した。

 新シーズンの開幕に先駆けて前シーズンのJ1王者と天皇杯王者が激突する同大会は、1994年の第1回大会から毎年開催され、今年で28回目。今大会は川崎フロンターレガンバ大阪の対戦となり、両クラブのOBである中村氏と本並氏がアンバサダーに決定した。両者は今後「各種プロモーション活動を通じて大会の盛り上げに」取り組んでいくという。

 アンバサダー就任にあたり、中村氏は「長い歴史がある当大会のアンバサダーに就任できたこと、とても光栄に思います。私も 2018年、2019年と二度出場させていただきましたがその年のJリーグのオープニングマッチということで気が引き締まったことを覚えております。アンバサダーとしてサッカーはもちろん、大会のエコに対する取り組みなど色んな側面から大会の魅力をお伝えしたいと思っています。Jリーグの始まりを告げるこの大会、対戦する両クラブのサポーターだけではなく、多くの皆さんに観ていただけるように全力で今大会を盛り上げて行きたいと思います」とコメント。

 そして本並氏は「この度は FUJI XEROX SUPER CUP 2021という特別な試合のアンバサダーに就任させて頂きとても嬉しい気持ちです。社会人としてもプロとしても育ててもらったガンバ大阪が、2021年初のタイトルマッチに臨むことにも胸が熱くなっています。今シーズンを占う開幕戦でもあるので、新戦力や若手の成長を楽しみに見て頂ければと思います」とコメントを発表した。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO