FOLLOW US

FC東京、DFブルーノ・ウヴィニの加入内定を発表…ブラジル代表も経験の29歳

FC東京がDFウヴィニ獲得

 FC東京は29日、元ブラジル代表DFブルーノ・ウヴィニが完全移籍で加入することが内定したと発表した。背番号は「5」に決定している。

 なお、日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受け、同選手は入国可能になり次第来日。メディカルチェックを経て、正式契約の見込みとなっている。

 現在29歳のウヴィニは、身長186センチメートルのセンターバック。母国サンパウロやトッテナム(イングランド)の下部組織、ナポリ(イタリア)などにも所属した経験を持つ。ナポリ加入後は期限付き移籍を繰り返し、母国サントスやトゥウェンテ(オランダ)でもプレー。その後はアル・ナスル(サウジアラビア)やアル・ワクラ(カタール)でのプレーを経て、2020シーズンはアル・イテハド(サウジアラビア)に所属していた。

 また、ウヴィニはブラジル代表の各カテゴリーでも活躍。2011年にはU-20ブラジル代表として、南米ユース選手権とFIFA U-20ワールドカップを制覇。2012年5月にA代表デビューを果たすと、同年夏にはロンドン五輪に出場して銀メダルを獲得した

 ウヴィニは発表に際し、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。

「FC東京ファミリーのみなさん、ブルーノ・ウヴィニです。FC東京という素晴らしいクラブに加入でき大変嬉しく、関係者のみなさまに感謝しています。日本は素晴らしい国と聞いており、日本でプレーすることを夢見ていましたので、今回の移籍はとても嬉しいです」

「今は新型コロナウイルス感染症の影響で入国できませんが、チームに合流したときに活躍できるよう、できる限りの準備をしています。チームメイトと力をあわせていい結果を出していきたいです。一日も早く、ファン・サポーターのみなさまとお会いできる日を楽しみにしています」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO