FOLLOW US

SC相模原MF富澤清太郎が10年ぶりに東京Vへ復帰…「いただいたご縁を、必ず未来につなげたい」

富澤清太郎が10年ぶりに東京ヴェルディへ復帰する

 SC相模原に所属するMF富澤清太郎が、東京ヴェルディに完全移籍で加入することが決定した。7日、両クラブが発表している。富澤は東京Vへ10年ぶりの復帰となる。

 富澤は1982年生まれの38歳。読売日本サッカークラブ(現東京ヴェルディ)の下部組織出身で、2001年にトップチームに昇格。2005年にはベガルタ仙台に期限付きで移籍した。2012年には横浜F・マリノスに加入し、ボランチで出場機会を重ねた。その後、ジェフユナイテッド千葉、アルビレックス新潟を経て、2019年に当時J3のSC相模原に入団。2020シーズンは18試合に出場し、チームのJ2昇格に貢献した。

 富澤は相模原の公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「この度、東京ヴェルディに移籍する事となりました。応援して下さった皆様に、支えて下さった皆様にこの決断を尊重していただける事を信じて、新たなる道へ歩みを進めようと思います。振り返れば幸せな事に、人に恵まれ素晴らしい日々の連続でした。私は今、クラブの為に、ファンサポーター皆さんの為に、仲間の為に何ができたのか? また、これから続くSC相模原の未来に少しでも役立てたのか? その様な思いが心を巡っています。最後になりますがSC相模原の更なる発展を心よりお祈りして感謝の言葉とさせて頂きます。ありがとうございました」

 そして、復帰となる東京Vの公式サイトでは以下のようにコメントしている。

「あれから10年、多くの困難がありました。私なりに多くの経験を積ませていただきました。そして、運命に引き寄せられる様に、またこのクラブの一人として戦わせていただく事となりました。未来への想像は時として不安だけを与えます。私たちに必要なのは目の前の戦いを一戦一戦、全力でやり抜く力だと信じています。このいただいたご縁を、必ず未来につなげたいと思います。クラブを支えてくださる皆様、ファン、サポーターの皆様、現場スタッフ、選手の皆様よろしくお願いします」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO