FOLLOW US

川崎、FW知念慶ら3選手が復帰! 大分MF小塚和季&松本MF塚川孝輝の獲得も発表

川崎復帰が決定した知念慶 [写真]=兼子愼一郎

 川崎フロンターレは4日、FW知念慶、FW遠野大弥、FW宮城天の復帰と、大分トリニータのMF小塚和季、松本山雅FCのMF塚川孝輝の獲得、そしてGKイ・キョンテの期限付き移籍期間延長を発表した。

 現在25歳の知念は2017年に愛知学院大学から加入した。2020シーズンは大分へと期限付き移籍を果たし、明治安田生命J1リーグで29試合に出場し、3得点を記録した。

 現在21歳の遠野は2019年12月にHonda FCから川崎に加入し、同時にアビスパ福岡への期限付き移籍が発表された。2020シーズンは明治安田生命J2リーグで41試合に出場し、11得点を記録した。

 現在19歳の宮城は2019年に川崎の2種登録選手となると、2020シーズンから川崎U-18からトップチームに昇格。昨年1月にカターレ富山への期限付き移籍が発表された。富山では明治安田生命J3リーグで20試合に出場し、3得点を記録した。

 現在26歳の小塚は帝京長岡高校卒業後の2013年にアルビレックス新潟に加入。その後はレノファ山口FC、ヴァンフォーレ甲府でプレーし、2019年に大分へ加入した。2020シーズンは明治安田生命J1リーグで8試合に出場し、1得点を記録。川崎への完全移籍が決定した。

 現在26歳の塚川は流通経済大学出身で、2017年に岡山へ加入。2019年に松本へ完全移籍で加入し、同年7月にはFC岐阜へ期限付き移籍した。2020シーズンは松本に復帰し、明治安田生命J2リーグで29試合に出場し、9得点を記録。川崎への完全移籍が決定した。

 現在25歳のイ・キョンテは朝鮮理工大学(大韓民国)から2015年にファジアーノ岡山加入した。登録はファジアーノ岡山ネクストとなり、日本フットボールリーグ(JFL)で2シーズンプレー。2017年にはFC琉球への期限付き移籍も経験し、翌年から岡山に復帰。昨年10月から川崎へ期限付き移籍で加入したものの、公式戦の出場機会はなかった。川崎への期限付き移籍期間の延長が決まった同選手の契約期間は、2021年2月1日から2022年1月1日までとなっている。

 川崎のクラブ公式サイトで発表された各選手のコメントは以下の通り。

■知念慶(大分トリニータへの期限付き移籍から復帰)
「あけましておめでとうございます。川崎フロンターレに復帰することになりました。また日本一レベルの高いチームでやれることを幸せに思います。しっかりとした覚悟をもって今年一年戦っていきたいと思います。一年間よろしくお願いします」

■遠野大弥(アビスパ福岡への期限付き移籍から復帰)
「この度アビスパ福岡から復帰することになりました。まずはこのチームでやれる事に嬉しく思います!覚悟を持って自分自身のためチームのために良さを出し連覇に貢献します!」

■宮城天(カターレ富山への期限付き移籍から復帰)
「川崎フロンターレのファン、サポーターの皆さんこんにちは。この度、期限付き移籍期間満了という事で今年からはフロンターレの選手としてプレーすることになりました。チームの戦力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

■小塚和季(大分トリニータからの完全移籍)
「大分トリニータから来ました小塚和季です。川崎フロンターレの一員になれたことを嬉しく思います。チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。そして川崎市の皆さんを笑顔に、元気にできるよう盛り上げていきます!応援をよろしくお願いします!」

■塚川孝輝(松本山雅FCからの完全移籍)
「このたび、川崎フロンターレに加入することになりました。素晴らしいクラブでプレーできる事を嬉しく思います。僕がフロンターレで学ぶ事が数多くある中で、それを学び、成長してチームの力になるために来ました。応援よろしくお願いします」

■イ・キョンテ(ファジアーノ岡山からの期限付き移籍期間延長)
「2021シーズンも川崎フロンターレという素晴らしいクラブでプレーする事になりました。今年はシーズンのスタートからチームの一員としてプレーすることが出来ます。チームの力になれるように全力で頑張っていきたいと思います。等々力のピッチでプレーし、皆さんに会えるように頑張ります。今シーズンも応援よろしくお願いします」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO