FOLLOW US

浦和、栃木から2選手を獲得! 39歳GK塩田&22歳MF明本をともに完全移籍で

浦和が栃木から2選手の獲得を発表した

 浦和レッズは、栃木SCからGK塩田仁史とMF明本考浩の2選手を完全移籍で獲得した。28日、クラブ公式サイトで伝えている。

 塩田は、茨城県出身の39歳。2004年にFC東京でプロデビューを果たすと、2015年からは大宮アルディージャ、そして2020年からは栃木SCでプレーした。塩田は浦和の公式サイトで「伝統あるチームでプレーする機会をいただき、ありがとうございます。自分のできることを精一杯やり続け、勝利を目指してがんばりたいと思います。よろしくお願いします」とコメントを発表している。

 国士舘大学を経てこちらも2020年から栃木でプレーした明本は、栃木県出身の22歳。ルーキーイヤーの今シーズンは、J2で40試合に出場し7得点を挙げる活躍を見せた。明本も「栃木SCから加入することになりました明本考浩です。浦和レッズという偉大なクラブの一員になれることができて、とても光栄に思います。先輩方が築いてきた浦和の誇りに恥じぬよう常に全力で闘いたいと思います。よろしくお願いします」と浦和の公式サイトでコメントしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA