FOLLOW US

北九州、DF生駒仁の期限付き移籍期間を延長…DF岡村和哉との契約も更新

北九州が生駒の期限付き移籍期間延長、岡村との契約更新を発表

 ギラヴァンツ北九州は26日、横浜F・マリノスから期限付き移籍加入していたDF生駒仁について、期限付き移籍期間が延長となり来季も北九州でプレーすることを発表した。移籍期間は2022年1月31日までとなり、2021シーズン公式戦における横浜FMとの対戦には出場できないことが決まっている。

 生駒は1999年7月1日生まれの現在21歳。鹿児島城西高校卒業後の2018年に横浜FMへ加入した。横浜FMでは出場機会の確保に苦しみ、同年夏にカターレ富山へ期限付き移籍。2019年からは北九州でプレーしていた。2020シーズンの明治安田生命J2リーグでは13試合に出場した。

 期限付き移籍期間の延長に際し、生駒は横浜FMのクラブ公式HPにて「来シーズンもギラヴァンツ北九州に期限付き移籍することになりました!成長してプレーしている姿を沢山見せられるように頑張ります!」とコメント。一方、北九州のクラブ公式HPでは「来シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーさせて頂くことになりました!昇格する為に自分自身も成長して、全力で頑張ります!大変な状況が続きますが応援よろしくお願いします!」と意気込んだ。

 加えて、北九州は26日にDF岡村和哉と2021シーズンの契約を更新したことも発表した。岡村は1987年12月15日生まれの現在33歳。ロアッソ熊本、V・ファーレン長崎、カマタマーレ讃岐を経て、2019年から北九州でプレーしている。2020シーズンの明治安田生命J2リーグでは28試合に出場し1得点を挙げた。

 契約更新に際し、岡村は北九州のクラブ公式HPで以下のようにコメントを残している。

「2021年もギラヴァンツ北九州で戦わせていただくことになりました!2020年はコロナで大変な年でしたが、北九州らしいサッカーで突っ走ることができました!サッカーができる幸せを再確認でき、本当の意味でサッカーの存在意義を感じることができました!そして2021年もこの北九州の地で戦えることを誇りに思います!自分もチームもサポーターのみなさんも、今年とはまた違う景色を見るために一緒に全力で魂込めて戦っていきましょう!愛してるぜ〜、北九州」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO