FOLLOW US

横浜FM、松本からFW前田大然を完全移籍で獲得! DF前貴之の完全移籍も発表

横浜FMへの完全移籍が決定した前田 [写真]=鈴木颯太朗

 横浜F・マリノスは25日、松本山雅FCより期限付き移籍で加入していたFW前田大然が完全移籍となることを発表した。また、横浜FMより期限付き移籍で松本に加入していたDF前貴之の完全移籍も発表されている。

 現在23歳の前田は山梨学院大学附属高校から2016年に松本に加入した。翌年には水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経験し、その後は2019シーズン途中まで松本でプレー。2019年夏にポルトガルのマリティモへ期限付き移籍し、初の海外移籍を果たした。そして、2020年8月に横浜FMに期限付き移籍で加入した。今シーズンは明治安田生命J1リーグで23試合に出場し、3得点を記録した。

 完全移籍となった前田は横浜FMのクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「横浜F・マリノスに関わるすべての皆様へ。このたび、横浜F・マリノスに完全移籍することになりました。2020シーズンのこの半年はタイトル獲得に貢献する活躍ができず、申し訳ない気持ちと共に、自分の力不足を痛感しました。2021シーズンこそタイトルを獲得し、皆様と一緒に喜び合えるように、一日でも早く横浜の選手として認められるように、頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。すべてはマリノスのために。トリコロールの絆いまこそ強く」

 そして、松本のクラブ公式サイトでは以下のようにコメントしている。

「松本山雅に関わるすべての皆様へ。このたび、横浜F・マリノスに完全移籍することになりました。まずはじめに、プロサッカー選手になるという自分の夢を叶えてくれた松本山雅には本当に感謝しています。ありがとうございます。プレーした2年半でプロ選手として大切なことを数えきれないくらい学ばせてもらいました。そして、松本山雅に関わるすべての方々と一緒に掴んだ2018シーズンのJ2優勝、アルウィンのピッチに立ち、応援歌を聞くと自然と力が沸き立ってくるあの感覚は今でも鮮明に残っています。これからは違うクラブに在籍しますが、松本山雅が僕の原点で特別なチームであることは変わりません。みんな優しくて、みんな温かくて、みんな親切で、そんな松本の街が、大好きです。本当にありがとうございました!One Sou1!」

 また、現在27歳の前はコンサドーレ札幌U-18から2011年にトップチームに昇格した。その後はカターレ富山やレノファ山口FCへの期限付き移籍を経て、2017年12月に山口に完全移籍。今季から横浜FMに完全移籍を果たしたものの、今年8月に松本へ期限付き移籍で加入した。今季は明治安田生命J1リーグでの出場はなく、明治安田生命J2リーグでは24試合に出場し、1得点を記録した。

 完全移籍となった前は松本のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「このたび、松本山雅FCに完全移籍で加入することになりました。来シーズンもクラブの力となれるように頑張ります」

 そして、横浜FMのクラブ公式サイトでは以下のようにコメントしている。

「このたび、松本山雅FCに完全移籍することになりました。半年間でしたが、ありがとうございました」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO