FOLLOW US

川崎F登里は左鎖骨骨折で全治2ヶ月半…天皇杯は欠場、来季開幕節への出場も黄信号か

川崎Fの登里 [写真]=金田慎平

 川崎フロンターレは23日、19日に行われた明治安田生命J1リーグ第34節柏レイソル戦で負傷したDF登里享平の診断結果を発表した。公式サイトで伝えている。

 登里は左鎖骨骨折と診断され、全治は負傷日より2ヶ月半程度を要すると発表された。この結果、今月27日に行われる天皇杯準決勝の欠場は決定的に。また、来年の2月最終週に予定されている2021年J1リーグ開幕節への出場も危ぶまれる状況となった。

 今シーズン、レギュラーの座を掴んだ登里はJ1の29試合に出場しチームの優勝に貢献。22日に行われた2020Jリーグアウォーズでは、自身初のベストイレブンにも選出されていた。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO