FOLLOW US

札幌、群馬からDF岡村大八を完全移籍で獲得「全身全霊で頑張っていきます」

 北海道コンサドーレ札幌は23日、ザスパクサツ群馬からDF岡村大八が完全移籍で加入することを発表した。

 現在23歳の岡村は前橋育英高校、立正大学を経て、2019年に群馬に加入。同年にはテゲバジャーロ宮崎への期限付き移籍も経験した。復帰した今季は明治安田生命J2リーグで42試合に出場し、2得点を記録した。

 岡村は加入する札幌の公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「北海道コンサドーレ札幌に関わるすべての皆様、はじめまして!この度、ザスパクサツ群馬より加入致しました岡村大八です。北海道コンサドーレ札幌という素晴らしいチームに加入が出来ること、とても幸せに思っております。1日でも早くプレーで貢献出来るよう、沢山のことを吸収しながら、全身全霊で頑張っていきます。また、僕にとって初めての雪国なので、楽しみもありつつドキドキしています!皆さんにお会い出来る日を楽しみにしております。宜しくお願い致します」

 また、群馬の公式サイトでは以下のようにコメントしている。

「この度、北海道コンサドーレ札幌に移籍することになりました。ザスパクサツ群馬に加入してからの2年間は、僕にとって忘れられない2年間です。プロキャリアの始まりであった昨シーズン。同期が活躍していく中、思うような活躍が出来ず本当に辛い日々を過ごしました。そして、2年目の今シーズン。このコロナ禍の過密日程の中、フル出場し続けることができました。自分を支えてくださったマネージャーやスタッフの方々、チーム関係者の方々、本当に多くの方々に支えられてこの記録を達成できたと思っています。特に、どんな状況でも自分を使い続けてくれた奥野監督には感謝してもしきれません」

「また、コロナの影響により、声の出せないもどかしい応援が続いていた中でも手拍子で後押ししてくれたサポーター、一生懸命ゲーフラを掲げてくれたサポーター、DAZNで応援してくれていたサポーター、本当にありがとうございました。この42試合、全てが満足のいく内容ではなく、みんなで苦しい時間を過ごしたこともあったと思います。けれど、最後の試合のようにチームが一丸となって戦って勝利した喜びを僕は絶対に忘れません。ザスパクサツ群馬という素晴らしいチームでプロキャリアをスタートできたことを誇りに思いますし、本当に良かったと思っています。唯一心残りがあるとしたら、自分のチャントを群馬の地で聞くことができなかったことです。いつかどこかの舞台で聞ける日を楽しみにしています。僕のチャント忘れないでください!」

「最後になりますが、最高のチームメイトに恵まれ、熱心に支えてくださるサポーターがいて本当に幸せでした。もっと大きくなるために、いってきます!!僕の第2の故郷群馬。ありがとうございました!」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA