FOLLOW US

神戸が社長交代を発表…立花陽三氏が退任、後任は徳山大樹氏が就任予定

 楽天ヴィッセル神戸株式会社(ヴィッセル神戸)は23日、代表取締役社長の立花陽三氏が退任し、後任として徳山大樹氏が代表取締役社長に就任予定であることを発表した。

 現在31歳の徳山氏は早稲田大学社会科学部卒業、2011年に楽天株式会社入社。2019年からは楽天ヴィッセル神戸株式会社副社長執行役員に就任していた。なお、2月1日に正式に就任となる予定で、立花氏は取締役副会長に就任する予定であることが発表されている。

 退任が決まった立花氏はクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「社長就任以来、ファン・サポーターの皆様をはじめヴィッセル神戸に関わる方々に多大なるご指導・ご支援を賜りましたことに、改めまして心より御礼申し上げます。今後もクラブの発展に向けて邁進していく所存です。引き続きサポーターの皆様に愛されるクラブを目指して努力いたします」

 そして、後任となる徳山氏は以下のようにコメントしている。

「この度、楽天ヴィッセル神戸株式会社の代表取締役社長に就任することになりました。私は2011年に楽天株式会社に入社後、楽天市場事業に従事し、昨年よりヴィッセル神戸に携わらせていただきました。アジアNo.1クラブという目標達成のため、監督、コーチ、スタッフ、ファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、ヴィッセル神戸に関わる全ての皆様とともに、『一致団結』して邁進して参ります。どうぞよろしくお願いいたします」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO