FOLLOW US

C大阪、新潟からDF新井直人を獲得「タイトル獲得の為に貢献できるように頑張ります」

 セレッソ大阪は21日、アルビレックス新潟からDF新井直人が完全移籍で加入することを発表した。

 現在24歳の新井は実践学園高校から新潟経営大に進学し、2019年に新潟に加入した。今季は明治安田生命J2リーグで25試合に出場。キャリア通算ではJ2リーグで57試合に出場し、1ゴールを記録している。

 新井は加入するC大阪の公式サイト上で以下のようにコメントを発表している。

「セレッソ大阪に関わる全ての皆様。はじめまして、アルビレックス新潟から移籍する事になりました新井直人です。セレッソ大阪という素晴らしいクラブでプレー出来ることがすごく楽しみですし、タイトル獲得の為に貢献できるように頑張ります。また、怪我を抱えている中、自分に期待をし、獲得してくれたセレッソ大阪にとても感謝しています。ここから這い上がっていけるように、皆さんに早くプレーを見てもらいたいですし、復帰に向けて少しずつ頑張っていきます。皆さんに会えるのをすごく楽しみにしています」

 また、新潟の公式サイト上では以下のようにコメントしている。

「アルビレックス新潟に関わるすべての皆様、応援してくださるすべての皆様へ。来季セレッソ大阪への完全移籍が決まりました。新潟でプレーした2年間、選手として、また人間としても成長することができ、勝利の喜びや、辛く苦しい時間など、たくさんの感情を味わいました」

「夢を叶えるために新潟に来た6年前。思い返せば、アルビとは何度も練習試合をしていました。大学4年次の9月、急遽アルビ側のメンバーとして出場した練習試合。それがアルビでのスタートだったのだと思うと、不思議な感覚です。その後、当時の監督であった片渕さんに呼んでもらい、クラブハウスでの練習に参加し、高知キャンプへの練習参加のチャンスもいただきました。そのキャンプ中盤に契約すると言ってもらえたことで、アルビの選手としてサッカーができる喜びや嬉しさ、さまざまな感情や緊張感など、すべてを今でも覚えています」

「プロの世界へ、そしてアルビレックス新潟へと導いてくれた片渕さんには、感謝してもしきれません。また、新潟に来るきっかけとなった新潟経営大学の関係者や今までお世話になったすべての方々にも感謝しています。昨季、開幕スタメンでプロデビューした京都戦。プロ初ゴールを決めた第2節の千葉戦。今季はキャプテンマークまで付けさせてもらいました。なによりも、新潟の素晴らしい先輩やチームメイト、スタッフ陣に恵まれて、クラブハウスで過ごす時間がすごく楽しかったし、この街で、そして大好きなビッグスワンで素晴らしい瞬間を過ごせた経験は、すべてが僕の財産であり人生の思い出となりました」

「心残りがひとつ。今年は、新型ウイルスの影響で声援がなかったのがとても残念で、中でも、大好きなアイシテルニイガタを聞きたかったのが本音です。正直に言うと、セレッソ大阪からは9月の段階で移籍のオファーをいただきました。しかし、新潟から残ってほしいと言っていただき、チームの目標のために戦うと決めました。それでも、その後に怪我で離脱し、復帰しては再度離脱となり、昇格争いするチームに貢献できないことに、とても悔しい想いを抱えていました」

「本当にここでJ1昇格を成し遂げたかった。この想いを持ってプレーしてきたことに間違いはありません。ただ、それを実現できず、関係者の方々やファン・サポーターの皆さんには、辛く悲しい想いをさせてしまい申し訳ありません。このたびの移籍を決断したのは、1人の選手として少しでも早くJ1でプレーする夢を見ていたからです。練習生としてスタートし、全国大会出場や日本代表、選抜歴の実績がなくてもやれるんだぞっていうところを見せていきたいんです。これが、自分のモチベーションでありプライドです」

「今後は違うクラブに在籍します。そこで成長した姿を、新潟の皆さんにも見せていきたいです。なので、陰ながら応援していただければ幸いです。アルビレックス新潟でプレーし、チームメイトやスタッフと共に戦ってきたことは誇りであり、プロキャリアをスタートさせていただいたことに心から感謝しています。アルビレックス新潟は僕の心の中にいつまでも存在しています。ここからまたレベルアップし、さらに上を目指していきます。アルビレックス新潟での2年間、そしてここ新潟での6年間、本当にお世話になりました。ありがとうございました」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO