FOLLOW US

八戸、葛野昌宏氏の監督就任を発表「『大切なこと』を伝えていきたい」

 ヴァンラーレ八戸は21日、2021シーズンのトップチームの監督に現ヘッドコーチの葛野昌宏氏が就任することが決定したと発表した。

 現在45歳の葛野氏は現役時代にベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)やアルビレックス新潟などでプレーした。引退後は佐川印刷SCでアシスタントコーチやラインメール青森FCの監督などを歴任。2018年には八戸の監督に就任し、2019年は八戸の強化部長、2020年は八戸のヘッドコーチを務めていた。

 2018シーズン以来2度目の八戸の指揮官就任を果たした葛野氏はクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「2021シーズン、ヴァンラーレ八戸の監督に就任する事になりました葛野昌宏です。2018シーズンに続いての就任にあたり、チームに感謝、同時に責任を感じております。今年のコロナ禍が来年もまだ予断を許さない状況ではありますが、我々はサッカーを通じ、皆様に『大切なこと』を伝えていきたいと考えております。強い情熱を持って、1試合1試合を戦っていきたいと思います。皆様と共に強いヴァンラーレ八戸を作っていきます。熱い後押しを宜しくお願い致します」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO