FOLLOW US

長崎DF徳永悠平が今季限りで現役引退「感謝の気持ちでいっぱい」

今季限りでの現役引退を発表した徳永 [写真]=J.LEAGUE

 V・ファーレン長崎は18日、DF徳永悠平が今シーズンをもって現役引退することを発表した。

 徳永は1983年生まれの37歳。国見高校から早稲田大学に進学後、2003年からFC東京でプレーし、2018年に長崎に加入した。今季はここまで明治安田生命J2リーグで10試合に出場し、1得点を記録している。

 キャリア通算ではJ1リーグで386試合出場で4得点、J2リーグで78試合出場で78試合出場で5得点、リーグカップで71試合出場で1得点、天皇杯で33試合出場を記録。日本代表としても通算9試合に出場した。

 今季限りでの現役引退を発表した徳永はクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「今シーズンをもって現役を引退することとなりました。まずは、私が長崎に在籍した3シーズン、良い結果が残せなかったことを申し訳なく思っています。しかし、キャリアの最後に地元長崎でプレーできたこと、最後まで昇格争いができたこと、長崎で引退できることをすごく幸せに感じています。V・ファーレン長崎が、来シーズンこそJ1に昇格することを祈っています。さらに、今後アジア・世界の舞台でV・ファーレン長崎が活躍することを、一人のサポーターとして楽しみにしています」

「そして、FC東京でプレーさせてもらった15年間も、私の中では、貴重な経験です。FC東京でキャリアをスタートでき、タイトルを獲得できたことは、今でも心に残っています。今後、悲願のJリーグ制覇を願っています。最後に、これまでお世話になった監督・コーチングスタッフ・チームメイト・スポンサー様・サポーターの皆さんをはじめとする皆さんへ感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!」

 なお、20日に行われる明治安田生命J2リーグ第42節ツエーゲン金沢戦終了後のファン感謝デーで引退の挨拶をした後、22日にはオンライン記者発表が予定していることも発表されている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA