FOLLOW US

山口、C大阪U-18FW新保海鈴&桐蔭横浜大MF神垣陸の来季加入内定を発表!

 レノファ山口FCは7日、セレッソ大阪U-18に所属するFW新保海鈴と桐蔭横浜大学のMF神垣陸が2021シーズンより加入することが内定したと発表した。

 新保は2002年生まれの18歳で、身長171センチメートルのFW。C大阪U-18に所属しながら今年3月からは2種登録もされ、今季は明治安田生命J3リーグでここまで21試合に出場し、1ゴールを記録している。また、新保の父は松本山雅FCに所属するDF田中隼磨であることから、来季J2リーグで親子対決が実現する可能性もある。

 山口への来季加入が決定した新保はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「来季2021年から加入します、新保海鈴です。チームを勝利に導けるよう、まずは一所懸命自分のプレーで貢献したいと思いますので、応援宜しくお願いします」

 そして、所属していたC大阪のクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「来季2021年からレノファ山口でプロのキャリアをスタートする事になりました。セレッソ大阪ユースで過ごした3年間で関わってくださった全ての方、自分のプロになりたいという気持ちを尊重し、最後までサポートして頂いた方々には感謝しかありません。ありがとうございます。これからも、全力でプレーして参りますので応援宜しくお願いします」

 また、神垣は1998年生まれの22歳で、身長178センチメートルのMF。尚志高校から桐蔭横浜大学に進学した。山口への来季加入が決まり、以下のようにコメントを発表している。

「来シーズンからレノファ山口FC加入することになりました、神垣陸です。これまで支えてくださった全ての方々への感謝の気持ちを忘れずに、1日でも早くプロサッカー選手として活躍する姿を見せられるように頑張ります。そして、レノファ山口FCの勝利に貢献できるように日々精進していきます。応援よろしくお願いします」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO