FOLLOW US

清水がファナティクス・ジャパンと10年間の契約を締結…マーチャンダイジング事業の強化を図る

[写真]=清水エスパルス

 清水エスパルスが世界最大級のオフィシャルスポーツライセンスマーチャンダイズ企業であるファナティクスの日本法人ファナティクス・ジャパン合同会社と、双方の経営資源を活用し、スポーツマーチャンダイジングビジネスの革新と飛躍的な発展を目的として、2021シーズンより10年間のパートナーシップ契約を締結した。ファナティクス・ジャパンとのマーチャンダイジングに関する長期的かつ包括的なパートナーシップはJリーグクラブで初の取り組みとなる。

以下、リリースを掲載。

【内容および意義】
ファナティクスは、MLB、NFL、NBA、NCAAをはじめとする米国スポーツリーグ、並びにマンチェスターユナイテッド、パリ・サン=ジェルマンをはじめとする欧州サッカー大手クラブのグッズの企画製造、販売を行う世界最大級のスポーツライセンスマーチャンダイズ企業であり、ファナティクス・ジャパンは、ファナティクスのアジア全体での事業展開を進める拠点として設立され、日本では2019年からソフトバンクホークスと戦略的パートナーシップを締結、2020年9月に2021年からの日本ハムファイターズとの戦略的パートナーシップを発表するなど、国内での事業を拡大しています。本パートナーシップにより、戦略的マーチャンダイジングパートナーとしてエスパルスのマーチャンダイジング事業を2021シーズンよりファナティクス・ジャパンが運営します。具体的には、清水エスパルスブランド製品の企画および製造を行うとともに、スタジアムおよびスタジアム外の実店舗の運営ならびにオフィシャルオンラインストアを包括的に運営いたします。また、企画、製造、流通、販売といったクラブのマーチャンダイジングビジネスの拡大に向けて、包括的なパートナーシップを10 年間という長期に渡って、ファナティクスがJ リーグクラブと締結することは、初めての取り組みとなります。本契約を通して、エスパルスのファン・サポーターの皆様に、これまでにない体験を提供してまいります。

【ファナティクス・ジャパン合同会社 マネジングダイレクター 川名正憲氏 コメント】
『このたび、伝統あるオリジナル10の清水エスパルス様とのパートナーシップを発表できたことを大変光栄に存じます。弊社は、欧州では先日戦略的なパートナーシップを開始したパリ・サン=ジェルマンや、今年のUEFAチャンピオンズリーグを優勝したバイエルン・ミュンヘンをはじめとしたビッグクラブと、米国ではMLSのリーグ並びに多くのクラブと提携していますが、今回のエスパルス様との取り組みは、アジアにおけるサッカークラブと初の協業となります。欧米並びに日本のプロ野球界で培ってきたファン至上主義のビジネスモデルを発展させながら、清水エスパルスサポーターの皆様、ひいては全てのJリーグファンの皆様の満足度向上に貢献していく所存です』

【株式会社エスパルス 代表取締役社長 山室晋也 コメント】
『このたび、米国や欧州の大手スポーツチームと提携し、大きな成果を上げているファナティクス様とパートナーシップを結ぶことができたことを大変喜ばしく思っております。スポーツマーケティングの専門家集団である同社との協業は、クラブのマーチャンダイジングにとって大きな転換期になると考えております。今後は共同で商品の企画、開発を行っていきながら、同社の持つ供給力とEC商流、そして世界的な知見を生かすことにより、ファン・サポーターの皆様の満足度も高まると思っております。それは我々への事業的な貢献も大きいものであり、ひいてはチーム力の向上にも繋がることとになります。エスパルスの試合を楽しみ、その余韻を楽しみ、さらに日常生活の中でも寄り添い続けていただける商品と体験をご提供して参ります』


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO