FOLLOW US

ハット達成で優勝貢献! 家長昭博「今日が終わらないでくれ、というくらい…」

ハットトリックで大勝に貢献した家長昭博 [写真]=金田慎平

 川崎フロンターレに所属するMF家長昭博が、25日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節ガンバ大阪戦後のフラッシュインタビューに応じた。

 家長は45分にコーナーキックの流れから先制点を挙げると、49分と73分には三笘薫のアシストからネットを揺らし、ハットトリックを達成。5-0での勝利、そして2年ぶり3度目の優勝決定に貢献した。川崎Fは4試合を残しての優勝決定は歴代最速となり、また今季の勝ち点が「75」に到達したことで、歴代最多の勝ち点記録も更新した。

 家長はまず、「今日が終わらないでくれ、というくらい嬉しいです」とハットトリックの喜びを口に。また、「一年間、チームで戦え、勝ち点も2位と離せて、素晴らしいシーズンでした。残りがありますけど、しっかり頑張りたいです。ホームで(優勝を)決められるということで自信しかなかった。サポーターとチームのみんなで戦えれば結果出せると思っていました」と優勝の喜びを口にした。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、普段とは異なるシーズンとなった。家長は振り返って、「コロナウイルスでJリーグも中断。始めはお客さんも入れなかったですが、みんなの支えで、Jリーグが再開できました。まだ満員ではないですが、みんなと一緒に戦えて嬉しいです。今季は(中村)憲剛さんも最後ですし、特別なシーズンでした。今日のために一生懸命やってきましたし、それが報われてよかったです」と語った。

 また、ファンに向けては、「本当に今年はいろいろ大変だったと思います。サッカーだけでなく、生活する上でもみんなが大変な時期に、サッカーを応援してくれた人もいっぱいいると思いますし、感謝しかないです。またグラウンドでいいサッカーをして、笑顔を届けられるように頑張りたいです」と感謝を述べている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO