FOLLOW US

柏、ネルシーニョ監督の新型コロナ陽性を発表…スタッフ1名も陽性に

柏を率いるネルシーニョ監督(写真は昨年5月のもの) [写真]=金田慎平

 柏レイソルは3日、ネルシーニョ監督とトップチームスタッフ1名が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたことを発表した。

 柏は2日にトップチーム所属の選手1名が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたことを発表。さらに、当該選手以外にもスタッフ2名に発熱が確認され、PCR検査を実施していることが公表されていた。これにより、3日の13時キックオフ予定となっていた明治安田生命J1リーグ第26節ベガルタ仙台対柏レイソルの一戦は中止となった。

 そして、今回の発表によると、発熱が確認されたスタッフ2名のうちの1名がネルシーニョ監督だったという。2日には38度4分まで熱が出た模様で、PCR検査の結果、陽性判定となった。現在は平熱で落ち着いているとのこと。症状に悪化もなく、自宅で静養中だが、本日夜からは大事を取って千葉県内の病院に入院予定となっているようだ。

 また、トップチームスタッフ1名は2日に38度6分まで熱が上がり、PCR検査の結果、陽性と判定されたという。現在は平熱で、咳やのどの痛みなども治まり、自宅で静養中だが、明日からは千葉県内のホテルで10日間程度の自主隔離を行う予定となっていることを明らかにしている。

 なお、柏は新型コロナウイルス陽性判定が判明した選手のクラブ内の濃厚接触者として、保健所より選手1名、スタッフ3名が判定されたことも発表。また、ネルシーニョ監督の濃厚接触者はまだ保健所の判断を待っている状況だが、濃厚接触者として疑われるスタッフ2名はすでに隔離中。そのうちのスタッフ1名は昨日PCR検査を実施し、陰性だったことを公表している。

 そして、仙台に移動していたチームは本日バスで柏に移動。到着後、早急にクラブフロントスタッフを含めPCR検査を実施する予定で、検査結果は明日の午後に明らかになるようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO