FOLLOW US

仙台、「週刊誌報道により」所属選手SNSに誹謗中傷の投稿…「警察・弁護士にも相談」

ベガルタ仙台がSNS利用に関する注意喚起を行った

 ベガルタ仙台は21日、所属する選手のSNSに対して誹謗中傷のコメントが投稿されているとして、注意喚起を行った。

 仙台は20日、同日発売の週刊誌において女性とのトラブルが発覚したMF道渕諒平との契約解除を発表した。同クラブによると、週刊誌による報道の影響を受けて、所属選手に対する誹謗中傷が行われている模様。次のような声明を発表し、誹謗中傷や差別、偏見を含むコメントを止めるよう、注意喚起を行った。

「先般の週刊誌の報道により、当クラブに所属する選手のSNS (ソーシャル・ネットワーキング・サービス)アカウントに、個人を誹謗中傷するコメントが投稿されているのを確認しております。当クラブはこれらの投稿を見過ごすことはできません。社会通念に照らし合わせても決して弁解できるものではなく、許されるものではございません」

「また、宮城県警察および顧問弁護士にも相談しております。改めて、当クラブは誹謗中傷、差別、偏見を含む言動を許容いたしません」

「今般の報道により、ベガルタ仙台のファン、サポーターの皆様、株主、スポンサーの皆様、Jリーグや各クラブの関係者の皆様にご心配とご迷惑をお掛けし、申し訳ございません。誹謗中傷、差別、偏見を持った発言、コメントは絶対にお止めください。何とぞよろしくお願い申し上げます」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA