FOLLOW US

栃木、劇的逆転勝利で“北関東ダービー”制す! 2位北九州は11試合ぶりの黒星/J2第17節

J2第17節が行われた

 明治安田生命J2リーグ第17節が5日から6日にかけて行われた。

 第16節栃木SC戦のドロー(2-2)でリーグ戦の連勝が「9」で途切れた2位ギラヴァンツ北九州は、ホームに5位ヴァンフォーレ甲府を迎えた。アウェイの甲府は19分、泉澤仁のシュートのこぼれ球を武田将平が左足ボレーでゴール右上に叩き込んで先制。1点のリードで後半を迎えた甲府は52分、小林岩魚の折り返しから太田修介が押し込み追加点を獲得。さらに68分、相手のボールを敵陣でカットした太田が自らペナルティエリア内まで運び、ゴール左上に突き刺し3点目を奪った。試合はこのまま終了し、甲府はリーグ戦2連勝で4位浮上、北九州は第6節ジュビロ磐田戦以来となる黒星を喫した。

 敵地で8位ツエーゲン金沢と対戦した首位V・ファーレン長崎は、28分に鮮やかなドリブルで相手を翻弄した加藤大の折り返しから、玉田圭司が今季2点目を沈めて先制。しかし、49分にDFラインの横パスを奪われ、そのまま加藤陸次樹に決められ追いつかれる。試合はこのまま終了し、長崎は2試合連続のドローとなった。

 3位徳島ヴォルティスはホームで21位ザスパクサツ群馬と対戦し、河田篤秀と佐藤晃大の得点が挙げて2-0の勝利。勝ち点を「33」に伸ばし、2位北九州との勝ち点差を「2」に、首位長崎との勝ち点差を「4」に縮めた。

 水戸ホーリーホックと栃木の“北関東ダービー”は、ホームチームが先制。20分、相手DFの処理ミスをかっさらったアレフ・ピットブルが、ハーフライン付近から一気にゴール前まで運ぶ。強烈なフィニッシュは相手GKに当たったものの、勢いそのままゴールに吸い込まれた。1点を追う展開になった栃木は67分、黒崎隼人のクロスがファーサイドまで流れると、飛び込んだキャプテン田代雅也が押しこんで同点とする。すると試合終了間際の後半アディショナルタイム4分、ペナルティエリア左まで運んだ瀬川和樹の柔らかい折り返しに途中出場の柳育崇が頭で合わせ、栃木が逆転に成功。試合はこのまま終了し、栃木が劇的な逆転勝利を収めた。

 ホームにFC琉球を迎えたFC町田ゼルビアは、安藤瑞季の2得点など前半だけで4ゴールを奪う。後半にはオウンゴールなどで2点を献上したが、リーグ戦4連勝を収めている。

■試合結果

東京V 0-1 愛媛
松本 1-0 山形
新潟 1-3 磐田
京都 2-0 千葉
大宮 1-1 岡山
金沢 1-1 長崎
徳島 2-0 群馬
福岡 2-0 山口
北九州 0-3 甲府
水戸 1-2 栃木
町田 4-2 琉球

■順位表

1位 V・ファーレン長崎(勝ち点37/得失点差+11)
2位 ギラヴァンツ北九州(勝ち点35/得失点差+12)
3位 徳島ヴォルティス(勝ち点33/得失点差+15)
4位 ヴァンフォーレ甲府(勝ち点28/得失点差+4)
5位 ジュビロ磐田(勝ち点27/得失点差+9)
6位 アルビレックス新潟(勝ち点26/得失点差+3)
7位 FC町田ゼルビア(勝ち点26/得失点差+3)
8位 栃木SC(勝ち点26/得失点差1)
9位 東京ヴェルディ(勝ち点24/得失点差+5)
10位 京都サンガF.C.(勝ち点24/得失点差+2)
11位 ツエーゲン金沢(勝ち点24/得失点差+1)
12位 大宮アルディージャ(勝ち点24/得失点差0) ※1試合未消化
13位 モンテディオ山形(勝ち点22/得失点差+2)
14位 アビスパ福岡(勝ち点22/得失点差−1) ※1試合未消化
15位 ジェフユナイテッド千葉(勝ち点20/得失点差+1)
16位 水戸ホーリーホック(勝ち点20/得失点差−2)
17位 ファジアーノ岡山(勝ち点20/得失点差−3)
18位 愛媛FC(勝ち点16/得失点差−4)
19位 松本山雅FC(勝ち点16/得失点差−10)
20位 FC琉球(勝ち点14/得失点差-15)
21位 ザスパクサツ群馬(勝ち点13/得失点差−19)
22位 レノファ山口FC(勝ち点12/得失点差−15)

■第18節の対戦カード

▼9月9日(水)
19時 山形 vs 福岡
19時 栃木 vs 徳島
19時 群馬 vs 京都
19時 千葉 vs 新潟
19時 甲府 vs 長崎
19時 金沢 vs 町田
19時 岡山 vs 東京
19時 山口 vs 松本
19時 愛媛 vs 北九州
19時 琉球 vs 大宮
19時30分 磐田 vs 水戸

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO