FOLLOW US

川崎F、清水に快勝で3試合ぶりの勝利! 約10ヶ月ぶり復帰のMF中村憲剛もゴール!

復帰後初ゴールを記録した中村 [写真]=金田慎平

 明治安田生命J1リーグ第13節が行われ、川崎フロンターレ清水エスパルスが対戦した。

 この試合では、昨年11月に左膝前十字靭帯損傷および左膝外側半月板損傷の大ケガを負った川崎FのMF中村憲剛が、約10ヶ月ぶりとなるメンバー入り。直近の2試合で勝利を逃している川崎Fだが、頼もしい“バンディエラ”がベンチに帰ってきた。一方の清水は、現在公式戦4試合未勝利。首位を走るチームを相手に、5試合ぶりの白星を目指す一戦となった。

 先制したのは川崎Fだった。21分、高い位置から清水にプレッシャーをかけると、敵陣ペナルティエリア左手前でボールを奪取。味方からのパスを受けたFW旗手怜央がペナルティエリア手前中央から右足でシュートを放つと、相手DFに当たったボールはコースが変わりゴールに吸い込まれた。前半は川崎Fが1点リードで折り返す。

 迎えた後半、川崎Fが追加点を記録する。51分、FW齋藤学のシュートを清水のGK大久保択生が弾くと、こぼれ球がDF登里享平の下へ。登里はペナルティエリア中央にポジションを取ったFWレアンドロ・ダミアンへパスを送ると、L・ダミアンが右足を振り抜いた。これがゴール左に突き刺さり、川崎Fがリードを広げる。

 反撃したい清水はその直後、敵陣深くの右サイドを突破したFW金子翔太からのクロスを、DF金井貢史がダイレクトでシュート。しかし、川崎FのGKチョン・ソンリョンがファインセーブを見せ、ゴールは生まれない。

 そして飲水タイム直後の74分、味方からのパスを受けた旗手が相手ペナルティエリア手前中央から、右足でミドルシュート。低く鋭いシュートがゴール左に吸い込まれ、旗手はこの日2点目を記録した。

 迎えた77分、その旗手に代わりMF中村憲剛が出場。大ケガを乗り越え、約10ヶ月ぶりに公式戦のピッチに立った。すると出場直後、中村はファーストタッチでシュートを放ち、会場を沸かせる。中村は80分にも細かいパスワークからシュートを放つが、復帰後初ゴールまでには至らない。

 すると85分、高い位置で清水のパスミスを奪った中村が、ダイレクトでループシュート。これがゴールに吸い込まれ、さらに点差を広げる。中村は復帰戦でいきなりゴールを記録し、今シーズンのゴールパフォーマンスである「ゲッツ」を披露した。

 その2分後には、途中出場のFW三笘薫が相手ペナルティエリア内へドリブルで進入し、右足でシュート。これが相手GKの股下を抜き、点差を5点に広げる。

 結局試合はこのまま終了し、川崎Fは3試合ぶりの勝利を挙げた。一方の清水はこれで公式戦5試合勝利なし。次節はホームに柏レイソルを迎える。

【スコア】
川崎フロンターレ 5ー0 清水エスパルス

【得点者】
21分 1ー0 旗手怜央(川崎フロンターレ
51分 2ー0 レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ
74分 3ー0 旗手怜央(川崎フロンターレ
85分 4ー0 中村憲剛(川崎フロンターレ
87分 5ー0 三笘薫(川崎フロンターレ


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO