FOLLOW US

首位・川崎、旗手弾で連敗回避…神戸とドローで勝ち点「1」を分け合う

神戸と川崎が対戦した [写真]=Getty Images

 明治安田生命J1リーグ第24節が26日に行われ、ヴィッセル神戸川崎フロンターレが対戦した。

 まず最初にチャンスをモノにしたのは川崎だった。ブロックを組む神戸を前にパスを回し、大島僚太が受け一枚はがしシュートを放つとGK飯倉大樹の手の横を抜けてゴールに吸い込まれた。川崎が幸先よく先制に成功する。

 しかしホームの神戸も黙っていない。23分、山口蛍が浮き球のパスを送るとこれに反応したのは西大伍。完全に守備ラインの裏でフリーとなりゴールに流し込んだ。更に42分、振り出しに戻した神戸が牙をむく。ダンクレーがクロスを送りドウグラスがヘディングで合わせGKチョン・ソンリョンの逆を突く技ありゴールを決め前半のうちに逆転した。

 後半75分、ゴールに迫る川崎はクロスを入れ、これははね返されるも、こぼれ球に反応したのは後半から入った三笘薫。直接、旗手怜央にパスを送ると旗手は胸トラップから左足を振りぬき目の覚めるような一撃を突き刺した。

 同点に追いつかれた神戸は86分、コーナーキックにアウトで構えたダンクレーが合わせたがこれは惜しくもポストに当たって弾かれた。そしてこのまま笛が鳴り試合終了。23日に10連勝を阻まれ2連敗となりかけた首位・川崎が神戸と勝ち点を分け合った。

【スコア】
ヴィッセル神戸 2ー2 川崎フロンターレ

【得点者】
23分 0ー1 大島僚太(川崎フロンターレ
30分 1-1 西大伍(ヴィッセル神戸
42分 2-1 ドウグラス(ヴィッセル神戸
75分 2-2 旗手怜央(川崎フロンターレ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA