FOLLOW US

川崎FがJ1記録に並ぶリーグ戦9連勝! 三笘の公式戦4試合連続弾など札幌に6得点快勝

川崎Fは車屋(画像中央)の先制点を口火に5得点で快勝した [写真]=J.LEAGUE

 15日、明治安田生命J1リーグ第10節で北海道コンサドーレ札幌川崎フロンターレが対戦した。

 現在勝ち点12で9位につける札幌と、リーグ戦8連勝中の勝ち点25で首位を走る川崎F。昨シーズンのルヴァンカップ決勝で対戦した両チームは、共に前回の公式戦から中2日で『札幌ドーム』のピッチに立った。

 先に決定機を作ったのは川崎F。12分、リーグ戦初スタメンとなったFW宮代大聖がドリブルで相手のペナルティエリア左の深いところへ抜け出すと、左足で中央へパス。これに反応したFWレアンドロ・ダミアンが左足のヒールでシュートを放つも、GK菅野孝憲に防がれる。

 対する札幌もその3分後に反撃。左サイドの敵陣中央からFW菅大輝が低い弾道のクロスを送ると、試合開始から前線にポジションを取るMF駒井善成が、ペナルティエリア内から左足でシュート。鋭いシュートはゴール左へと外れた。駒井は18分にも、ペナルティエリア手前左から今度は右足で強烈なシュート。これもゴール左へ外れるも繰り返し川崎Fゴールを脅かし、札幌が押し込む展開となる。

 それでも、先制したのは川崎Fだった。35分、敵陣中央の右でFKを獲得。キッカーMF脇坂泰斗が右足で柔らかいボールを蹴り込むと、中央で待っていたDF車屋紳太郎がフリーでヘディングシュートを叩き込んだ。

 しかし、札幌もすかさず反撃。38分、敵陣中央の右サイドからのパスが中央へ。するとペナルティアーク付近から、FWチャナティップが右足ダイレクトでシュート。しかしこれはクロスバーを直撃し、ゴールには至らない。結局、前半は川崎Fがリードで折り返す。

 迎えた後半、札幌はFWジェイ、川崎FはMF田中碧とMF三笘薫を投入。両チーム共に交代カードを切る。

 すると開始早々、再び川崎Fがスコアを動かした。50分、相手のパスをカットしたDF山根視来が敵陣中央右へ持ち上がると、前線中央でフリーになっていたMF三笘薫へ。パスを受けた三笘は素早くペナルティエリア中央へ進入すると、冷静にシュートを流し込んだ。三笘はこれで、公式戦4試合連続ゴールを記録した。

 そしてその5分後には、川崎Fの3点目が生まれる。敵陣左から三笘と脇坂が素早いパス交換で相手守備網を抜け出すと、最前線のL・ダミアンへスルーパス。抜け出したL・ダミアンのシュートは菅野に防がれるも、相手DFに当たったこぼれ球が再びL・ダミアンの足元へ転がり、今度は難なくゴールネットを揺らした。

 止まらない川崎Fはその8分後、またしても追加点を記録する。GKチョン・ソンリョンからのロングキックを敵陣中央の右で収めたFW旗手怜央が、寄せてきた相手DFと入れ替わりサイドを突破。旗手 はペナルティエリア右まで進入し、中央へマイナスのクロスを送る。これに反応した三笘がダイレクトでシュートを放ち、三笘はこの日2点目を奪った。

 しかし、札幌も意地を見せる。79分、縦パスを受けたチャナティップが相手DFの裏へ浮き玉のスルーパスを送る。すると上手く抜け出したジェイが、胸トラップでボールを収めながらペナルティエリア右へ進入し、左足でシュート。これがゴール左に決まり、反撃を見せる。

 ただ、川崎Fはさらに得点を挙げる。87分、相手ペナルティエリア手前左でボールを収めたFW小林悠が、2人のDFに囲まれながらもペナルティエリア内に進入。菅野の1対1を制しゴール左にシュートを流し込んだ。札幌を相手に公式戦8試合連続のゴールを記録した小林は、後半アディショナルタイムにもカウンターから2点目を記録し、試合は1ー6で終了。

 これでJ1記録に並ぶリーグ戦9連勝を達成した川崎Fは今シーズン無敗をキープし、一方の札幌はリーグ戦3連敗を喫した。

【スコア】
北海道コンサドーレ札幌 1ー6 川崎フロンターレ

【得点者】
35分 0ー1 車屋紳太郎(川崎フロンターレ
50分 0ー2 三笘薫(川崎フロンターレ
55分 0ー3 レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ
63分 0ー4 三笘薫(川崎フロンターレ
79分 1ー4 ジェイ(北海道コンサドーレ札幌
87分 1ー5 小林悠(川崎フロンターレ
95分 1ー6 小林悠(川崎フロンターレ

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA