FOLLOW US

札幌、クラブスタッフ1名が新型コロナ感染…トップチーム選手との接触はなし

札幌が、クラブスタッフ1名の新型コロナウイルス感染を発表

 北海道コンサドーレ札幌は21日、クラブスタッフ1名に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことをクラブ公式サイトで発表した。

 札幌がクラブ公式サイトで発表した内容によると、今回新型コロナウイルスへの感染が判明したクラブスタッフは、14日に体調不良となり在宅勤務から自宅待機となった。この時は悪寒、発熱感と倦怠感を覚え、体温は午後の計測で37.6℃、夜の計測で37.3℃だったという。翌15日には札幌市内の病院で受診し、血液検査・点滴・薬を処方された。午後には体温が39.4℃まで上昇するなど、症状の悪化が見られた。その後熱は下がったが、19日午後には札幌市内の病院でPCR検査を受け、20日には陽性判定が出ている。

 また、札幌は同公式サイトで以下のようなコメントを発表している。

「本クラブスタッフは4月中旬より原則、在宅勤務となっており、クラブ事務所、クラブハウスの利用はありませんでした。また、トップチーム選手、スタッフは千葉県内でキャンプ中であったため、接触はありません。行動履歴等から濃厚接触者は限定できており、クラブスタッフの濃厚接触者は打ち合わせに参加した1名(現在は自宅待機中、無症状。当スタッフは保健所の指示に従い、近くPCR検査を実施します)となっております」

「本人は回復傾向にありますが、本日(7/21)より札幌市内の病院に入院予定となっております。なお、その他のクラブスタッフ、およびアカデミー・スクールコーチで新型コロナウイルス感染症や風邪の症状等を呈している者はおりません。クラブとしましては、これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策について、選手、スタッフ、関係者全員に再度周知、徹底をはかってまいります。また、保健所との連携等、疫学調査にも全面的に協力して参ります」

「あす22日のホームゲーム開催に従事するスタッフの健康管理・確認は万全を期しており、安心、安全なスタジアム環境を整えております。ホーム開幕戦に向けてキャンプを続けてきたトップチーム選手たちも全力でプレーします。皆さまのご来場、心よりお待ち申し上げております」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA