FOLLOW US

【仙台vs札幌プレビュー】本拠地でのシーズン初勝利を目指す仙台…札幌はアウェイゲーム4連戦を無敗で終われるか

[写真]=金田慎平、兼子愼一郎

ベガルタ仙台 ホーム初勝利には攻撃陣の奮起が不可欠

【プラス材料】
 今節は本拠地『ユアテックスタジアム仙台』に今季開幕戦以来となるサポーターが戻ってくる。まだ人数や応援に制限があるものの、これは大きなプラス材料だ。昨季はホームゲームで9勝4分4敗と好成績を残している。サポーターの後押しを受け、ホーム初勝利といきたい。

 また、北海道コンサドーレ札幌とは昨季2試合戦って2勝している。この相性の良さを今回も継続したいところだ。

 ケガ人が戻ってきていることも好材料だ。前節の横浜FC戦でMF道渕諒平が途中出場で復帰。GKヤクブ・スウォビィクも全体練習に合流してチーム内の競争を活発化させている。この試合からまた始まる連戦を乗りきるうえで、彼らが戻ってきたことは心強い要素と言える。

【マイナス材料】
 不安材料としては、ここ2試合の前後半終わり頃に失点が目立つこと。第3節の浦和レッズ戦は前後半ともに締めくくりの時間帯に失点して敗戦。前節の横浜FC戦も38分に先制を許した。集中力を切らさず試合を進められるかが問われる。

 その守備を統率するDFシマオ・マテがまだ負傷から戻ってきていないことも不安材料。昨季の札幌戦で2試合とも得点しているように、攻撃面でも大きな戦力だ。彼の不在は非常に痛い。

 また、攻撃面でも1ゴールにとどまっていることが気がかり。ここ2試合はFW山田寛人やFWアレクサンドレ・ゲデスが加入後初ゴールを決めているが、1点止まり。チャンスは作っているだけに、複数得点できず勝利を逃していることは痛恨の極みだ。

文:totoONE編集部
 

北海道コンサドーレ札幌 安定感ある守備には不安なし。懸念材料は満身創痍の攻撃陣

【プラス材料】
 リーグ戦再開からここまで2勝1分。すべてアウェイゲームであることを含めても、見事な成績と言えるだろう。間違いなく、チームには自信が芽生えているはずだ。

 そのうえ、3試合で喫した失点はわずか「1」。もともと守備が堅いチームではなく、さらに中断期間に守護神の韓国代表GKク・ソンユンが退団した中で、安定感のあるディフェンスを披露できていることもまた高く評価できるところ。攻撃的というよりは手堅い戦いをしている印象が強いが、いずれにせよ、勝ち点を積み重ねられているのだから悪いことではない。過密日程でもタフに戦えている。

 また、5人の交代枠でルーキーを積極的に投入し、経験を積ませていることもプラスだ。もともと力のある選手たちではあるが、実戦の中で経験を積んでチーム力をアップさせており、この試合でも活躍に期待が寄せられる。

【マイナス材料】
 チームに勢いを感じることは確かだが、アウェイゲーム4連戦の4試合目という事実は変わらないわけで、そこには難しさが存在するはず。前節の湘南ベルマーレ戦では持ち味であるはずの運動量を発揮できず、スロースタートとなってしまったところは気がかりだ。

 今節も得点源のFW鈴木武蔵が負傷のため欠場濃厚で、前節の前半にはMFチャナティップが左足の太腿を痛めてハーフタイムにピッチを退いた。FWジェイも右足首に痛みを抱えているとの情報があり、前線の主軸たちの状態が非常に気がかりである。1カ月に及んだ長期合宿の疲労も蓄積しているため、そこもまた難しい材料となりそうだ。

文:totoONE編集部

totoONEでは他の対戦カードのプレビューも公開中!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA