FOLLOW US

浦和、猛攻を凌ぎスコアレスドロー…横浜FMは再三の決定機を生かせず

J1第2節で浦和と横浜FMが対戦した [写真]=J.LEAGUE

 4日に明治安田生命J1リーグ第2節が行われ、浦和レッズ横浜F・マリノスが対戦した。

 開幕節で湘南ベルマーレを相手に競り勝った浦和は開幕2連勝を、またホームでガンバ大阪に敗れた横浜FMはリーグ戦の今シーズン初勝利を目指す一戦となった。なお、横浜FMのスターティングメンバーには、中断期間に獲得したMF天野純とDF小池龍太の両選手が名を連ねた。

 試合は序盤からアウェイの横浜FMがボールを握る展開。得意の攻撃的サッカーで相手ゴールに襲いかかる。43分にはスルーパスで抜け出したFWエリキが浦和のGK西川周作と1対1を迎えるも、ペナルティエリア右から放った左足のシュートは枠の外へ。前半は両チーム共にスコアレスで折り返す。

 迎えた後半立ち上がり、またしてもFWエリキががドリブルでペナルティエリア左に進入しGK西川と1対1の状況。しかし今度はGK西川の好セーブに阻まれ、先制点を奪えない。

 すると浦和も56分、敵陣中央の右サイドからDF橋岡大樹がゴール前へクロス。これにフリーのFW杉本健勇が頭でシュートを放つも、ボールは枠の上へ外れる。

 その後は横浜FMが相手を押し込み、浦和がカウンターを狙うという展開。しかし両チームともに相手DFを崩し切るには至らず。試合終了間際には横浜FMのFWエジガル・ジュニオが相手ペナルティエリア左で決定機を迎えるも、これもGK西川が好反応を見せ、結局試合はこのままスコアレスドローに終わった。

【スコア】
浦和レッズ 0ー0 横浜F・マリノス

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA