FOLLOW US

東京ヴェルディが医療センターに雨具やごみ袋を支援

東京ヴェルディがクラブパートナーである東京医科大学医療センターに物資を支援

 新型コロナウイルスの影響で物資不足が問題となっている中、東京ヴェルディが27日、クラブパートナーでありホームタウンに所在する東京医科大学医療センターに物資を支援したことを発表した。

 クラブ関係者によると、ごみ袋やレインコートが不足している医療用ガウンの代わりになるという報道を目にしたクラブスタッフが、昨年のごみ拾いイベントで使用したごみ袋や、東京Vが進めるリブライディングのために使用できなくなった旧エンブレムがプリントされたレインコートが何かの役に立つのではないかと、今回の支援を発案。日頃から、臓器移植医療の普及・啓発を目的とした『グリーンリボンキャンペーン』を推進するパートナーとして活動する東京医科大学医療センターに、レインコート100着と45リットルサイズのごみ袋1,000枚を提供した。

 東京Vでは今後も、感染拡大防止に努める方々を支えるためにできる限りの支援策を実施していくという。
   

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA