FOLLOW US

JFLが大会方式の変更を発表…今季は1回戦総当たりリーグ方式に

JFLが大会方式の変更を発表した [写真]=Getty Images

 日本フットボールリーグ(JFL)は15日、リーグ戦の日程および大会方式を変更することを発表した。

 2020年度の第22回JFLは3月15日に開幕する予定だったが、新型コロナウイルスの影響により開幕できず、4月25日、26日まで試合を開催しないことが発表されていた。そして、4月7日に政府より「緊急事態宣言」も発令されたことを受け、JFL理事会の承認を得て、今季の日程および大会方式を変更したことを発表。なお、新型コロナウイルスの影響でさらに変更されることもあるようだ。

 大会の開催方式は16チームによる2回戦総当たりリーグ方式(ホーム&アウェイ方式)だったものが、今季は16チームによる1回戦総当たりリーグ方式に変更。1チームあたりのホームとアウェイの割合は8:7または7:8で実施されるという。また、7月18日の第16節から開幕し、第30節は予定通り11月29日に行われる。

 なお、今季のJFLで15位、16位チームの地域サッカーリーグへの降格はなくなる一方で、地域リーグの1位と2位はそのまま自動昇格となることから、来季の2021年度の第23回JFLは最大18チームで実施される。

 JFLの公式サイトを通じて、桑原勝義理事長は以下のようにコメントを発表している。

「本日のJFL理事会において、今季の大会方式を1回戦総当たりリーグ方式で実施すること、地域リーグへの降格をなしとすることが決定しました。大会方式については、試合の延期発表後も2回戦総当たりリーグ方式(ホーム&アウェイ方式)で実施するべく日程調整やチームは会場確保へ尽力しましたが、新型コロナウイルスの影響がいつ終息するかわからない状況で、現在多くのチームが活動を休止しており、開幕日をここ1、2カ月中に決めることができず、2回戦制で実施するのは困難と判断し、7月18日(土)からの1回戦制で実施することを決定しました」

「また、1回戦制にすることで、ホームとアウェイの試合数が平等にならないこともあり、今季は下位2チームが地域リーグへ降格しないことも決定しました。試合を楽しみに待っていただいていたファン・サポーターの皆様、事情をご賢察の上、ご理解いただきたくお願い申し上げます。皆様方におかれましては充分な感染予防を心掛けていただければ幸いです」

「JFLでは今後もリーグとチームと連携し、更なる感染拡大防止に努めていく所存です。今季の開幕が出来ないことが続いてしまうことを誠に申し訳なく思っておりますが、まずはご自身と周囲の方の健康維持を大事にしていただき、今季の開幕に向けて引き続きのお力添えをよろしくお願いいたします」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO