FOLLOW US

Jリーグ、NPBと新型コロナウイルス対策連絡会議を設立…村井チェアマン「情報共有が重要かつ有効」

Jリーグは公式戦の延期期間をさらに延ばすことを発表 [写真]=Getty Images

 公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は2日、一般社団法人日本野球機構(NPB)と共同で「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設立すると発表した。公式サイトで伝えている。

 同会議はNPBのコミッショナーと12球団代表者、またJリーグのチェアマンと理事、JFA(公益財団法人日本サッカー協会)会員に、医学部で教授を務める3名の「専門家チーム」を加えたメンバーで構成され、新型コロナウイルスの感染拡大を適切に防ぎながら、改めてプロスポーツの社会的役割を検討していくものだという。

 第1回の会議は、3月3日(火)正午からNPB事務局にて開催される予定で、今後の全ての意思決定は連絡会議で得た知見をもとに、それぞれの法人が独自に行うとのこと。なお、今回の決定にあたりJリーグの村井満チェアマンは以下のようなコメントを発表している。

「日本を代表するプロスポーツ団体としてNPBとJリーグが連携して、それぞれが経験や知見を持ち寄り、情報共有することが重要かつ有効と判断し、この連絡会議の発足に至りました。なかでも3名の専門家の方にメンバーに入っていただき、助言をいただく機会を得られることは、我々にとって非常に貴重であると考えております」

「この連絡会議で得られた情報は広くスポーツ界全体に公開させていただき、数多くのスポーツ団体の皆様の手助けができれば幸いです」



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO